「台形公式」の版間の差分

→‎近似誤差:  『非積分関数』→『被積分関数』 一か所。
m (→‎近似誤差: {{節stub}}を{{節スタブ}}に変更 using AWB)
(→‎近似誤差:  『非積分関数』→『被積分関数』 一か所。)
{{節スタブ}}<!--誤差の大きさは区間幅に対して何次のオーダーか、など-->
 
台形公式の誤差の補正には、積分関数の端点での高階導関数値を用いた「オイラー・マクローリンの公式」や、端点での高階導関数値を高次の差分商に置き換えて得られる「グレゴリーの公式」が知られている。(参考文献:日高孝次:「数値積分法」上巻,第四章「Euler-MacLaurin 及びGregoryの数値積分公式」,岩波書店、昭和11年(1936年)7月)(ただし「数」の字は旧字体)。
 
== 台形による近似 ==