「スーパーマリオ オデッセイ」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 iOSアプリ編集
必要パワームーンは次のワールドに行くのに必要なパワームーン(グランドムーンは3つとする)。全パワームーンはワールド内にあるパワームーン(グランドムーンは1つとする)。全ローカルコインはワールド内にあるローカルコイン。
 
; 帽子の国 / カブロン<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/mario_odysseyJP/status/877644803785203712|title=伝統と格式を重んじる帽子の国「カブロン」。帽子を模した塔があるなど、デザイン性の高い建築の町が存在します。モノクロな街並みも特徴的!|publisher=Twitter|accessdate=2017-10-21}}</ref> / Cap Kingdom「Bonneton」
: 人口 - 中規模 / 面積 - 狭い / 民族 - カブロン人 / 通貨 - 帽子型 / 産業 - 帽子、造船 / 気温 - 平均22℃
: 全パワームーン - 31 / 全ローカルコイン - 50
: 本作の最初のワールド。伝統と格式を重んじる「帽子の国」。帽子を模した住居や塔など、デザイン性の高いモノクロな建築の町が存在する。また住居は船としての機能も兼ね備えており、飛行が可能。パワームーンの色は黄色。通貨はシルクハット型
: このワールドでは次のワールド(滝の国 / ダイナフォー)に行くのにパワームーンは必要なく次のワールド(滝の国 / ダイナフォー)はボスを倒して電気ボックスを使用する事で行く事となる(この方法で滝の国(ダイナフォー)に行くのは1回のみ)。
: 最初は壊れた建物に塞がれるなどでいけない場所があるがオデッセイ号入手後からはパタクリボーが出現するようになる事もありいける範囲が増える。最初はパワームーン・ローカルコインは全く登場せずオデッセイ号入手後から最初から行ける場所を含めた様々な所にパワームーン・ローカルコインが出現するようになる。
; 滝の国 / ダイナフォー<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/mario_odysseyJP/status/876555939536486400|title=大瀑布がおりなす地上最後の秘境と呼ばれる滝の国「ダイナフォー」。何でも、太古より生息する生物がいるんだとか。|publisher=Twitter|accessdate=2017-10-21}}</ref> / Cascade Kingdom「Fossil Falls」
: 人口 - 不明 / 面積 - 平地は狭い / 民族 - 不明 / 通貨 - 石貨型 / 産業 - 不明 / 気温 - 平均29℃
: 必要パワームーン - 5 / 全パワームーン - 40 / 全ローカルコイン - 50
: 地上最後の秘境と呼ばれる「滝の国」。太古より生き続ける生物が生息している。パワームーンの色は黄色。通貨は石貨型
: この舞台では旧型船の「オデッセイ号」が眠っていたが、マリオやキャッピーの協力によって開放される。
: 最初は岩に塞がれるなどでいけない場所があるがグランドムーン入手後はいける範囲が増える。
; 砂の国 / アッチーニャ<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/mario_odysseyJP/status/874853322393563136|title=砂の国「アッチーニャ」は、砂漠と氷が共存している不思議な世界。カラフルにペイントされた町と、広い砂漠に点在する石造りの遺跡が特徴です。|publisher=Twitter|accessdate=2017-10-21}}</ref> / Sand Kingdom「Tostarena」
: 人口 - 中規模 / 面積 - 広大 / 民族 - アッチーニャ人、ミルゾウ / 通貨 - ピラミッド型 / 産業 - 観光、宝石 / 気温 - 平均40℃
: 必要パワームーン - 16 / 全パワームーン - 89 / 全ローカルコイン - 100
: 平均気温40℃という灼熱の砂漠の地「砂の国」だが、初めて訪れた時には所々に氷柱が出現するほど寒くなるという異常気象が起きている。カラフルにペイントされた町と、広い砂漠に点在する石造りの遺跡が特徴。パワームーンの色は黄緑。通貨は名所であるさかさピラミッド型。
: 普通にストーリーに沿って進めるだけなら大きく手間はかからないがワールド自体はとてつもない広さでありやりこみ自体は豊富である。
: 最初は氷や凍っている場所もありいけない場所があったり取れないパワームーンやローカルコインがあるがストーリーを進めるといける範囲や取れるパワームーン・ローカルコインも増える。ブルータルズのグランドムーン入手後からアッチーニャ神戦前までは夜になりBGMも変化し古代アッチーニャ人が出現する。
; 湖の国 / ドレッシーバレー」 / Lake Kingdom「Lake Lamode」
: 人口 - 中規模 / 面積 - やや狭い / 民族 - ドレッシーナ人 / 通貨 - ウロコ型 / 産業 - 服飾、ファッション / 気温 - 平均26℃
: 必要パワームーン - 8 / 全パワームーン - 42 / 全ローカルコイン - 50
: カルデラの湖に築かれた「湖の国」。ファッションの聖地として知られている感性の舞台。ギリシャ風の建築物に囲まれて、湖底のドームに覆われた水中広場が街の中心となっている。パワームーンの色は桃色。通貨はウロコ型
: 湖の国だけあって水のエリアがかなり多くプクプクが生息しておりプクプクへのキャプチャーによるアクションも可能。
; 森の国 / スチームガーデン<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/mario_odysseyJP/status/875577604597624833|title=植物と機械のユートピア、森の国の「スチームガーデン」。花の生育が主な産業なんです。訪れた際には是非、花畑まで足を運んでみてください!|publisher=Twitter|accessdate=2017-10-21}}</ref> / Wooded Kingdom「Steam Gardens」
: 人口 - 不明 / 面積 - 深く広い / 民族 - ガーデナ人 / 通貨 - ナット型 / 産業 - 花 / 気温 - 平均28℃
: 必要パワームーン - 16 / 全パワームーン - 76 / 全ローカルコイン - 100
: 植物と機械のユートピアである「森の国」。湖の国(ドレッシバレー)よりも先に来る事も出来る。花の生育が主な産業。特に「ブーケの花」が特産品となっている。パワームーンの色は青。通貨はナット型
: 高い場所が多くタンクローで壊せる岩も多く見られる。一定時間現れる草の道やダッシュできる花なども存在する。
; 雲の国 / グランドモック」 / Cloud Kingdom「Nimbus Arena」
: 人口 - 不明 / 面積 - 不明 / 民族 - 不明 / 通貨 - 不明 / 産業 - 不明 / 気温 - 平均23℃
: 全パワームーン - 9
: 雲海の中に存在する雲のような浮遊物質の「雲の国」。マリオ達がニュードンク・シティへ行く途中で寄る事になる。住人や建物の姿は消えて久しい。巨大な雲のアーチなど文明の名残が残っている。
: 他のワールドと比べて規模や内容は少なくパワームーンの数もわずかでローカルコインが存在しない。ニュードンク・シティに行く途中で寄る場所なので次のワールドへ行くのにパワームーンは必要ないがこのワールドで一度クッパと戦う事になる。
; 失われた国 / ロス島」 / Lost Kingdom「Forgotten Isle」
: 人口 - 不明 / 面積 - 狭い / 民族 - 不明 / 通貨 - リーフ型 / 産業 - 不明 / 気温 - 平均33℃
: 必要パワームーン - 10 / 全パワームーン - 35 / 全ローカルコイン - 50
: 広大な毒の湿地帯に点在する「失われた国」。固有の進化を遂げた動植物が多く生息し、ナゾが多い遺跡群も存在している。パワームーンの色は黄色。通貨は葉っぱ型
: 周囲の海が猛毒となっているため海に落ちるとミスになる。シーソーの原理がある床などもある。オデッセイ号が不時着する形でやってくるため一度このワールドに来ると必要なパワームーンを揃えるまで他のワールドに行けなくなる。ジャンゴにキャッピーが攫われるイベントはあるが他のワールドと比べてストーリーは特になくこのワールドのパワームーン集めもオデッセイ号の修理のために行う。
; 都市の国 / ニュードンク・シティ<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/mario_odysseyJP/status/874839770261839876|title=最先端をひた走る眠らない街、ニュードンク・シティがある「都市の国」。高層ビルが立ち並び、タクシーが往来するこの国は、人々の活気に溢れています。マリオ、初めての大都会!|publisher=Twitter|accessdate=2017-10-21}}</ref> / Metro Kingdom「New Donk City」
: 人口 - 多い / 面積 - 広い / 民族 - ニュードンカー / 通貨 - 肖像型 / 産業 - 情報、宣伝 / 気温 - 平均27℃
: 必要パワームーン - 20 / 全パワームーン - 81 / 全ローカルコイン - 100
: 高層ビルが立ち並び、タクシーが往来する「都市の国」。本作の代表的なワールド。湖の国(ドレッシーバレー)・森の国(スチームガーデン)に行く前に一部にやってこれるが本格的に来る事になるのはロス島の次である。
: この都市はポリーンが市長として治めており、今回の冒険でマリオとの再会を果たすことになる。また、『[[ドンキーコング]]』をモチーフにしたネオン看板やコースも登場する。
: 本格的に来てからメカハナチャンのグランドムーンを入手する前までは夜で雨が降っており街中に多くの敵がおり街中の色々な所が障害物で通れなくなっているがメカハナチャンのグランドムーン入手後は晴れて明るくなり街中の地形が変わる(障害物がなくなる)。
; 雪の国 / パウダーボウル」 / Snow Kingdom「Shiveria」
: 人口 - 中規模 / 面積 - 深く広い / 民族 - ボウル人 / 通貨 - 結晶型 / 産業 - ケーキ、レース / 気温 - 平均-10℃
: 必要パワームーン - 10 / 全パワームーン - 55 / 全ローカルコイン - 50
: 万年雪に覆われた「雪の国」。周囲を氷河に囲まれた窪地の中に位置する。グランドムーンを入手する前までは吹雪が起こっている。海は長時間入っていると命にかかわるほど水温が低い。「バウンドボウル GP」というレースが開催される。ボウル人が作るケーキは世界中に高く評価されている。パワームーンの色は橙色。通貨は結晶型
: 荒涼とした雪原と海の真下にはボウル人の町が広がっており、奥の広場ではレースのモニター中継がされる。この広場を中心に4つのステージが広がり、これをクリアしてレースに出場して優勝することがこのワールドのシナリオとなっている。
; 海の国 / シュワシュワーナ<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/mario_odysseyJP/status/910621112404402176|title=透き通った美しい海が人気のリゾート地、海の国「シュワシュワーナ」です。ここの海水は、シュワっとした炭酸水なんです。|publisher=Twitter|accessdate=2017-10-21}}</ref> / Seaside Kingdom「Bubblaine」
: 人口 - 中規模 / 面積 - 広い / 民族 - シュワーナ人 / 通貨 - シェル型 / 産業 - 炭酸水、リゾート / 気温 - 平均31℃
: 必要パワームーン - 10 / 全パワームーン - 71 / 全ローカルコイン - 100
: 透き通った美しい海が人気の「海の国」。雪の国(パウダーボウル)よりも先に来る事も出来る。
: グランドムーンを入手する前は昼間だが、入手後は夕方となる。海水は炭酸で出来ている。ビーチバレーが国技。パワームーンの色は紫色。通貨はシェル型
: 「海の国」の名の通りワールドには広大な海が広がり、海面下は海底洞窟や珊瑚礁など地形の変化に富んでいる。各地に点在する島には灯台や温泉などがある。中央には海底構造物(グラス宮殿)とその海上部に巨大なグラス(グラスタワー)が存在し、グラスタワーに向けて4つの間欠泉から炭酸の海水が吹き上がっている。
; 料理の国 / ボルボーノ<ref>{{Cite web|url=https://twitter.com/mario_odysseyJP/status/881629328248758272|title=美食ツアーで人気No.1、料理の国「ボルボーノ」。色とりどりの食材に囲まれた街並みと、火山にある巨大なナベは必見です!|publisher=Twitter|accessdate=2017-10-21}}</ref> / Luncheon Kingdom「Mount Volbono」
: 人口 - 多い / 面積 - 広い / 民族 - ボルボーノ人 / 通貨 - トマト型 / 産業 - 岩野菜・加工食品 / 気温 - 平均34℃
: 必要パワームーン - 18 / 全パワームーン - 68 / 全ローカルコイン - 100
: 美食ツアーで人気No.1の「料理の国」。色とりどりの食材に囲まれた街並みと、火山にある巨大なナベが見所。名物料理は「祝福のシチュー」で、「クッキングカーニバル」という祭典で出されるメニュー。パワームーンの色は水色。通貨はトマト型
; 奪われし国 / ホロビア」 / Ruined Kingdom「Crumbleden」
: 人口 - 不明 / 面積 - 不明 / 民族 - 不明 / 通貨 - 不明 / 産業 - 不明 / 気温 - 平均20℃
: 必要パワームーン - 3 / 全パワームーン - 10
: 中世風の高層建築がそびえ立つ栄華を極めたという国だが、何らかの原因によって無残な廃墟と化してしまった「奪われし国」。巨大な黒い龍・ホロビアドラゴンも存在している。ニュードンク・シティとは違った意味で一般的なマリオシリーズの雰囲気と異なる雰囲気を持つワールド。
; クッパの国 / クッパ城」 / Bowser's Kingdom「Bowser's Castle」
: 人口 - 中規模 / 面積 - 広範囲に広がる / 民族 - オニ族 / 通貨 - コバン型 / 産業 - 花札 / 気温 - 平均26℃
: 必要パワームーン - 8 / 全パワームーン - 62 / 全ローカルコイン - 100
: 天空に浮かぶ城からなる「クッパの国」。シリーズ歴代のクッパ城の中では異色な和風城郭であり、「侍の町」と呼ばれている。パワームーンの色は赤色。通貨はコバン型
: ステージ構成も現実の日本の城郭をモデルとし、手前から三の丸・二の丸・本丸・天守閣と続く。二の丸と本丸の間には茶屋(土産物店)と庭園が存在する。本丸・天守閣は随所に金箔が用いられた絢爛豪華なものとなっており、天守閣の背後にはメカブルードとの戦いの舞台である「決戦場」が控える。ステージの各部は空中に浮かび距離も離れているため電気ボックスを使って移動する。
: ツックンにキャプチャーして絶壁を登る箇所が多く、僅かな失敗が命取りとなるため全体として難易度が高い。本丸の長大な城壁はステージの中でも難所で、動く壁面を登っていくこととなる。
; 月の国 / ハニークレーター」 / Moon Kingdom「Honeylune Ridge」
: 人口 - 不明 / 面積 - 広大 / 民族 - ウサギ族 / 通貨 - スターピース型 / 産業 - 観光、結婚式 / 気温 - 不明
: 全パワームーン - 38 / 全ローカルコイン - 50
: 「月の国」。クッパが結婚式の会場に選んだ場所となった。パワームーンの色は黄色。通貨は隕石の一部と思われる金平糖型
: このワールドでは重力が軽いためマリオのジャンプ力が数倍となる(後述する地下洞窟および結婚式場の内部では地球と同じ重力となる)。
: 中間ポイント「静かの壁」にある大きな穴からは月の地下洞窟に繋がっており、本作に登場する敵キャラにキャプチャーしながら、最上層のゴールを目指す。また、ゴール地点では滝の国で会ったマダム・ブルードが待ち構えている。
: 結婚式場に入ると、クッパから地下に落とされそのまま戦闘になる。雲の国での戦闘に比べクッパの攻撃がパワーアップしているため、高度のアクションを必要とする。
: 後半部ではクッパが壁にぶつかり地下洞窟が崩れ始めた為、クッパにキャプチャーしたマリオはピーチ姫と共に脱出をしていく。なお、岩床(鉄のような床)は一度通ったり、落石に当たると沈み始めるので、迅速かつ正確に脱出するテクニックが必要となる。
; 月の国 裏 / ラビットクレーター」 / Dark Side「Rabbit Ridge」
: 人口 - 不明 / 面積 - 不明 / 民族 - ウサギ族 / 通貨 - 不明 / 産業 - ブライダルスタッフ / 気温 - 不明
: 全パワームーン - 24
: マダム・ブルードが治める「月の国 裏」。クリア後にパワームーンを250個集めることで訪れることができる。
: 石柱では強化された中ボスの「ブルーダルズ団」の面々の再挑戦を受けることとなる。
: このワールドではパワームーンの殆どをアスレチックのサブステージおよびお宝写真から入手していく。
; 月の国 もっと裏 / ラストクレーター」 / Darker Side「Culmina Crater」
: 全パワームーン - 1
: 最難関のステージが待ち受けている「月の国 もっと裏」。クリア後にパワームーンを500個集めることで訪れることができる。
: ゴール地点では都市の国のニュードンク市庁舎を模したタワーを登っていき、頂上のグランドムーンを目指す。
: ムーンを獲得しスタート地点へ戻ってくれば、全身が透明人間のようになる「透明帽」を入手できる。
; [[キノコ王国]]「ピーチ城」 / Mushroom Kingdom「Peach's Castle」
: 人口 - 中規模 / 面積 - やや広い / 民族 - キノコ王国の民 / 通貨 - 64型 / 産業 - 土管、観光 / 気温 - 平均27℃
: 全パワームーン - 104 / 全ローカルコイン - 100
: 本作のクリア後に登場するお馴染みのマリオの故郷であるキノピオたちの国。全体を探索することができるのはクリア後からだが、クリア前でも料理の国(ボルボーノ)から離れ小島にあるヨッシーの家に行くことはできる。