「大韓民国国軍」の版間の差分

編集の要約なし
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (s03.megalodon.jp) (Botによる編集))
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
韓国人男性に対する[[徴兵制度|徴兵制]]と韓国人の男女に対する[[志願兵|志願兵制]]を併用している。徴兵制は建国当初の[[軍備]]上の制約<ref>当時韓国軍は[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の援助なくして組織を維持できなかったが、アメリカは[[北進統一]]政策を唱える[[李承晩]]政権が[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]]への軍事行動をとる可能性を憂慮し、援助の条件として韓国軍の定員の上限を国境警備と国内の治安維持に必要な最小限の兵力と考えられる10万人にするよう韓国側へ求めていた。</ref> から1950年3月に一旦廃止されていたが、[[朝鮮戦争]]最中の1951年5月25日に復活して以降は一貫して維持されている<ref>{{Harvnb|韓洪九|2003|p=271-272}}</ref>。
 
[[徴兵制度|兵役]]は[[大韓民国憲法]]で定められた国民の[[義務]]であり、[[兵役法 (大韓民国)|兵役法]]([[1949年]][[8月6日]]公布)に基づいて実施される。全ての[[男性]]に21最低18か月以上(2018年11月以前は21ヶ月<ref>{{Cite web|url=https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=4219|title=兵役期間の短縮で変わった!! 2019年で兵役が終わる主な芸能人の除隊日はいつ?|accessdate=2020年12月5日|publisher=スポーツソウル}}</ref><ref>{{cite news|url=http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20180502167500014&site=hl1|title=2020년 11월 입대자부터 軍복무기간 18개월로 단축 추진|newspaper=[[聯合ニュース]]|date=2018-05-03|accessdate=2018-05-03}}</ref>。)の兵役義務があり、満18歳から満19歳までの間に徴兵検査(適性検査)を受け、身体・学力の基準に達すると陸・海・空軍のいずれかに入隊させられる。入隊期間は所属する軍によって異なり、陸軍2118か月、海軍23か月、空軍24か月である。基本的に本人の希望によって陸軍・海軍・空軍へと振り分けられるが、本人が特に希望しない場合は自動的に陸軍へ入隊することになっている。徴兵後は[[二等兵]]から[[一等兵]]、[[上等兵]]、[[兵長]]までそれぞれ3か月・7か月・7か月の経過で[[進級]]する。[[良心的兵役拒否]]は一切認められていないが、文化・スポーツ優秀成績者の兵役免除、徴兵検査不合格や、その年度の予算不足のため免除や短縮勤務となる者もいる。除隊後も兵役義務は続き、除隊から8年間は[[大韓民国郷土予備軍|郷土予備軍]]([[予備役]])、40歳までは[[民防衛隊]]に所属しなければならない。この間、日常生活を送りつつも一定の日数にわたって軍事訓練を受ける必要があるため、韓国人の男性が軍と関わらなければならない期間は長期に及ぶ。
 
芸能人や政府関係者、富裕層などがコネなどを行使して兵役を逃れてきたが、2013年夏まで存在した芸能兵(国防広報支援員)という芸能関係の為の役職は相次ぐ不祥事発覚のため制度廃止になった。また、軍隊の代わりに官公庁に勤務する公益勤務要員制度がある(徴兵検査で現役不合格になった者)。2020年には専門家から、2030年には女性にも徴兵制度を適用しないと兵力維持すら困難だと指摘されている<ref>{{Cite web|title=[박용한 배틀그라운드]지금 초등생 군대갈땐 병력 부족…결국 여성 징집시대 오나|url=https://n.news.naver.com/mnews/ranking/article/025/0003016670|website=n.news.naver.com|accessdate=2020-07-12|language=ko}}</ref>。
 
この徴兵制度だが、2018年11月の入隊者から服務期間が18ヶ月に短縮された<ref>{{Cite web|url=https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=4219|title=兵役期間の短縮で変わった!! 2019年で兵役が終わる主な芸能人の除隊日はいつ?|accessdate=2020年12月5日|publisher=スポーツソウル}}</ref><ref>{{cite news | url = http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20180502167500014&site=hl1 | title = 2020년 11월 입대자부터 軍복무기간 18개월로 단축 추진 | newspaper = [[聯合ニュース]] | date = 2018-05-03 | accessdate =2018-05-03 }}</ref>。
 
服役者、海外在留者、国外を往来する船舶の船員は兵役検査を延長することが出来る。海外の永住権を取得したもの、身体障碍者、脱北者は書類審査で免除となる。高卒未満の低学歴、徴兵された場合家族の生計が維持できなくなる場合、孤児、帰化者、スポーツや芸術で功績のある者は免除になる可能性がある。また6年以上の懲役判決を受けた場合兵籍から除外される<ref>{{Cite web|url=https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=2950|title=韓国ではどんな人たちが兵役免除の対象になるのか?|accessdate=2020年12月5日|publisher=スポーツソウル}}</ref>。海外で出生、6歳以前に出国し海外で暮らす在外国民2世は兵役が免除されているが就職など営利活動を行った場合、永住帰国申請を行った場合、1年の内6ヶ月以上滞在すると兵役が発生する<ref>{{Cite web|url=http://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/brd/m_11894/view.do?seq=760708&srchFr=&amp;srchTo=&amp;srchWord=&amp;srchTp=&amp;multi_itm_seq=0&amp;itm_seq_1=0&amp;itm_seq_2=0&amp;company_cd=&amp;company_nm=&page=1|title=「在外国民2世」改正の案内文|accessdate=2020年12月5日|publisher=在日本国大韓民国大使館}}</ref>。
203

回編集