「カノン (パッヘルベル)」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 差し戻し済み
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 差し戻し済み
[[和声 理論と実習|芸大和声]]式表示: I - V - VI - III - IV - I - IV(II<sup>1</sup>) - V
 
これはポピュラー音楽でもよく使用される和声進行であり、俗に「'''カノン進行'''」、「'''大逆循環'''」などと呼ばれる。これらは音楽形式としての「カノン」やポピュラー音楽の和声進行の形式理論用いられる「逆循環」などの用語とは'''一切関係がなく'''、単に「パッヘルベルのカノンに用いられている和声進行」という意味していである。
 
通奏低音上に3声部のカノンが展開する。
匿名利用者