「ストリートファッション」の版間の差分

編集の要約なし
(ページ「Street style」の翻訳により作成)
編集の要約なし
 
スタジオからではなく、草の根のストリートウェアから生まれたと考えられる[[ファッション]]。ストリートファッションは一般的に[[若者文化]]に関連しており、主要な都市部で最も頻繁に見られる
<ref>{{Cite web|title=Urban Style and Tips|url=http://www.urbfash.com/2011/10/urban-style-and-tips.html|publisher=UrbFash}}</ref>
 
[[ニューヨーク・タイムズ|ニューヨークタイムズ]]や[[ELLE (雑誌)|エルELLE]]のような雑誌や新聞は、一般的に都会的でスタイリッシュな服を着ている個人の率直な写真を特集している。 <ref>{{Cite news|last=Cercone|first=Katie|title=Today's Fashion|url=http://www.revoltmagazine.org/Issue_01/Articles/TODAYS_FASHION_article.htm|accessdate=20 November 2014|agency=Revolt Magazine|issue=1|publisher=Public Art Squad Project|date=2012|volume=1|quote=Cindy Hinant, a visual artist whose daily trek through Soho makes her a regular target for amateur blogarazzi stalking women for photo copy, remarks, "Street fashion has made me both paranoid and vain. Last week I had my photo taken twice in one day by two different magazines for their street fashion whatever. Now when I’m wearing something that I think is awesome I’m disappointed not to be stopped to have my picture taken."}}</ref>
。 <ref>{{Cite web|title=Urban Style and Tips|url=http://www.urbfash.com/2011/10/urban-style-and-tips.html|publisher=UrbFash}}</ref>
 
[[ニューヨーク・タイムズ|ニューヨークタイムズ]]や[[ELLE (雑誌)|エル]]のような雑誌や新聞は、一般的に都会的でスタイリッシュな服を着ている個人の率直な写真を特集している。 <ref>{{Cite news|last=Cercone|first=Katie|title=Today's Fashion|url=http://www.revoltmagazine.org/Issue_01/Articles/TODAYS_FASHION_article.htm|accessdate=20 November 2014|agency=Revolt Magazine|issue=1|publisher=Public Art Squad Project|date=2012|volume=1|quote=Cindy Hinant, a visual artist whose daily trek through Soho makes her a regular target for amateur blogarazzi stalking women for photo copy, remarks, "Street fashion has made me both paranoid and vain. Last week I had my photo taken twice in one day by two different magazines for their street fashion whatever. Now when I’m wearing something that I think is awesome I’m disappointed not to be stopped to have my picture taken."}}</ref>
 
[[日本のストリートファッション]]は、常に複数の非常に多様なファッションの動きを同時に維持している。主流のファッションはしばしばストリートファッションのトレンドを影響力として流用している。今日、ストリートファッションはますます人気が高まっています。ほとんどの主要なユースサブカルチャーには、関連するストリートファッションがある。
 
== 関連項目 ==
* [[モード系]]
 
* [[ミニスカート]]
* [[消費者心理|消費者行動]]
* [[B系]]
* [[消費者心理|消費者行動]]
* [[カウンターカルチャー]]
* [[文化の盗用]]
* [[サブカルチャー]]
 
== 参考文献脚注 ==
{{Reflist}}
 
* [http://www.nzherald.co.nz/lifestyle/news/article.cfm?c_id=6&objectid=10742470 「ニュージーランドのストリートスタイル」] 。
* [https://www.nytimes.com/2016/12/13/fashion/the-year-in-style-politics-dressing.html?_r=0 「政治がファッションステートメントになったとき」] 。
* [http://fashion.telegraph.co.uk/news-features/TMG8718111/Why-London-deserves-to-be-the-fashion-capital-of-the-world.html 「ロンドンが世界のファッションの中心地になるに値する理由」]
 
{{被服}}
{{DEFAULTSORT:すとりいとふあつしよん}}
[[Category:ファッションの傾向を表す言葉]]
[[Category:ストリート・カルチャー]]
172

回編集