「マグマ (アルバム)」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
#: 1995年頃にパリでできた曲で、作っているうちに現在の長さになったという{{Sfn|mfm I|2013|p=34}}<ref name="be with vol.79" />。
# '''arizona'''(5:00)
#: 稲葉本人が、アリゾナを1人旅をした体験を基にしている<ref name="be with!" />
# '''風船'''(3:53)
#: シンプルなピアノの伴奏と稲葉の低めのヴォーカル、そして[[チェロ]]や[[ホルン]]が随所で聴かれる。
# '''Chopsticks'''(2:15)
#: インスト曲。4分の7拍子という[[拍子#変拍子|変拍子]]で、曲の前半は[[パーカッション]]や人の掛け声のみで構成される。アフリカ音楽のようなポリリズムが取り入れられ、多くの[[打楽器]]が組み合わさっている。曲の後半からはディストーションのかかったエレキギターがリフを刻み始め、ロックドラムも絡んでくる。
#: 元々はボーカル曲の予定であった<ref name="be with vol.79" />。パーカッションはエンジニアの[[野村昌之]]が公園で[[ジャンベ]]を演奏していたストリートミュージシャンを誘ったことをきっかけに加えられ<ref name="be with vol.79" />、稲葉、野村、キーボーディストの[[小野塚晃]]も参加している。
# '''JEALOUS DOG'''(4:32)
#: 言葉が多く、譜割も細かい曲。
#: [[ディストーション (音響機器)|歪み]]を効かせた[[アコースティック・ベース]]は、[[明石昌夫]]による演奏{{Sfn|mfm I|2013|p=37}}。
#: 曲中に出てくる犬の鳴き声は、稲葉の飼い犬「BUB」のものである<ref name="be with!" />り、ブースに30分閉じ込め、最も良いものを採用した
# '''愛なき道'''(4:32)
#: 稲葉の出身地、岡山の方言が一節に使われている。
#: 稲葉は歌詞について「ボーカルレコーディングをしている間にどんどん歌詞が変わって、歌いながら歌詞がついていった曲です」と語っている<ref name="be with vol.79" />。
#: 2004年のソロツアーでは新潟公演以降のアンコールラストナンバー、「Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜」では日替わりアンコールラストナンバーだった。
# '''Little Flower'''(6:12)
#: アウトロルバムスライド・ギターは、[[ジェフ・ベック]]の楽エンディングからの影響だいうして制作された<ref name="WHAT'sbe IN?with 1996vol.79" />。
#: アウトロのスライド・ギターは、[[ジェフ・ベック]]の楽曲からの影響だという<ref name="WHAT's IN? 1996" /><ref name="be with vol.79" />。
 
== 参加ミュージシャン ==