「オキソ酸」の版間の差分

m
誤:オキソ酸(オキソさん、~正:オキソ酸(オキソ酸、~
m (118.237.171.134 (会話) による ID:81410891 の版を取り消し ふりがな)
タグ: 取り消し 差し戻し済み
m (誤:オキソ酸(オキソさん、~正:オキソ酸(オキソ酸、~)
タグ: ビジュアルエディター 手動差し戻し 差し戻し済み
[[ファイル:Carbonic-acid-2D.png|thumb|right|200px|最も簡単なオキソ酸の1つ。[[炭酸]]。]]
'''オキソ酸'''(オキソさん、Oxoacid)とは、ある[[原子]]に[[ヒドロキシ基]] (-OH) と[[オキソ基]] (=O) が結合しており、且つそのヒドロキシ基が酸性[[水素イオン|プロトン]]を与える[[化合物]]のことを指す<ref>[http://goldbook.iupac.org/O04374.html IUPAC Gold Book - oxoacids]</ref>。ただし、無機化学命名法[[IUPAC]][[1990年]]勧告のオキソ酸の定義では、先述した化合物の他に[[アクア酸]] (aqua acid)<ref>中心金属イオンに配位した水分子に酸性プロトンが存在する酸。例:ヘキサアクア鉄(III)イオン</ref> 、[[ヒドロキソ酸]] (hydroxoacid)<ref>隣接するオキソ基が存在しないヒドロキシ基に酸性プロトンが存在する酸。例:[[ケイ酸|オルトケイ酸]] (H<sub>4</sub>SiO<sub>4</sub>)</ref> もオキソ酸に含まれることになる。無機化合物のオキソ酸の例としては[[硫酸]]や[[硝酸]]、[[リン酸]]などが挙げられる。有機化合物で最も重要なオキソ酸は[[カルボン酸]]である。酸性の強弱は化合物の種類によりさまざまなものがある。一般に、オキソ酸は[[多原子イオン]]と水素イオンを与える。
 
オキソ酸が脱水縮合することで、[[ポリオキソ酸]]が生成する。例えば、リン酸では二リン酸、三リン酸である。[[酸無水物]]も同様に、オキソ酸の脱水縮合生成物にあたる。遷移金属元素のオキソ酸は金属オキソ酸([[ポリ酸]])と呼ぶ。
1

回編集