「Macintosh」の版間の差分

→‎歴史: "Pagemaker" → "PageMaker"
(→‎歴史: "Pagemaker" → "PageMaker")
Macintoshが実用に耐えるマシンとなったのは、翌年の1985年、512KBのメモリを搭載して発売されたFat Macと呼ばれた改良版の[[Macintosh 512K]]である。途中からフロッピーディスクドライブは片面400kBから両面800kBのものになった。また [[RS-422]]経由で[[LaserWriter]]に接続可能となった。
 
時を同じくしてページレイアウトソフトウェア[[Adobe PagemakerPageMaker|Aldus PagemakerPageMaker]]がリリースされた。PagemakerPageMakerは[[アドビ]]が開発したページ記述言語[[PostScript]]を搭載し、コンピュータと[[プリンター]]の組み合わせが変わっても出力結果を維持するという環境を初めて実現、[[DTP]]の世界を切り拓いた。またこの時期、[[マイクロソフト]]からはMacintosh専用ソフトウェアとして[[Microsoft Excel]]がリリースされ、GUIに特化した優れた操作性と機能性によりベストセラーとなった。Macintoshは、512Kモデルの登場とDTPの波、 そしてExcelなどのビジネス用ソフトの充実と[[ハードディスクドライブ]]の普及があいまったことにより、ビジネスでの新たなニーズの掘り起こしに成功し、オフィス環境への大量導入が始まったのである。
 
その後メインメモリーが1024kBとなり、[[Small Computer System Interface|SCSI]]ポートを装備した[[Macintosh Plus]]が1986年に発売された。このころからSCSI接続のハードディスクを使って大規模なアプリケーションとデータを扱うことが一般的になった。
匿名利用者