「東京メトロ南北線」の版間の差分

(→‎関連項目: テンプレート修正)
[[2009年]][[6月6日]]より埼玉高速鉄道線の日中ダイヤがパターン化されたことに伴い、日中は鳩ヶ谷駅・浦和美園駅発着の列車が交互に運転されるようになった。また、これに伴い、日中に鳩ヶ谷駅発着の急行列車が運転されるようになった。
 
[[2017年]][[3月25日]]より夜間の列車を中心に埼玉高速鉄道線に直通せずに赤羽岩淵駅で目黒方面に折り返す運用が数往復設定され、その後[[2018年]][[3月30日]]より日中時間帯の一部列車にも赤羽岩淵駅で目黒方面へ折り返す運用が増え<ref group="報道">{{Cite press release|url=https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20180215_14.pdf|archiveurl=https://web.archive.org/web/20201116092123/https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20180215_14.pdf|format=PDF|language=日本語|title=3/30(金)半蔵門線・南北線のダイヤを改正します 朝ラッシュを中心に列車を増発|publisher=東京地下鉄|date=2018-02-15|accessdate=2020-11-16|archivedate=2020-11-16}}</ref>、2019年[[3月16日]]より日中の半数が赤羽岩淵駅で目黒方面に折り返すようになった<ref group="報道">{{Cite press release|url=https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20190129_09.pdf|archiveurl=https://web.archive.org/web/20190129181442/https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20190129_09.pdf|format=PDF|language=日本語|title=2019年3月16日(土)日比谷線、半蔵門線、有楽町線・副都心線、南北線のダイヤを改正します|publisher=東京地下鉄|date=2019-01-29|accessdate=2020-11-16|archivedate=2019-01-29}}</ref>。
 
2019年[[3月16日]]より日中の半数が赤羽岩淵駅で目黒方面に折り返すようになった<ref group="報道">{{Cite press release|url=https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20190129_09.pdf|archiveurl=https://web.archive.org/web/20190129181442/https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20190129_09.pdf|format=PDF|language=日本語|title=2019年3月16日(土)日比谷線、半蔵門線、有楽町線・副都心線、南北線のダイヤを改正します|publisher=東京地下鉄|date=2019-01-29|accessdate=2020-11-16|archivedate=2019-01-29}}</ref>。
 
目黒駅を発着とする列車は、すべて東急目黒線に乗り入れていたが、2021年[[3月13日]]より最終電車に限り、目黒駅を終着とする列車が設定される予定である<ref group="報道">{{Cite press release|url= https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews210126_1.pdf |format=PDF|language=日本語|title=2019年3月16日(土)日比谷線、半蔵門線、有楽町線・副都心線、南北線のダイヤを改正します|publisher=東京地下鉄|date=2019-01-29|accessdate=2020-11-16}}</ref>。
 
=== 6両編成化など ===