「東京メトロ南北線」の版間の差分

2019年[[3月16日]]より日中の半数が赤羽岩淵駅で目黒方面に折り返すようになった<ref group="報道">{{Cite press release|url=https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20190129_09.pdf|archiveurl=https://web.archive.org/web/20190129181442/https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews20190129_09.pdf|format=PDF|language=日本語|title=2019年3月16日(土)日比谷線、半蔵門線、有楽町線・副都心線、南北線のダイヤを改正します|publisher=東京地下鉄|date=2019-01-29|accessdate=2020-11-16|archivedate=2019-01-29}}</ref>。
 
目黒駅を発着とする列車は、すべて東急目黒線に乗り入れていたが、2021年[[3月13日]]より最終電車に限り、目黒駅を終着とする列車が設定される予定である<ref group="報道">{{Cite press release|url= https://www.tokyometro.jp/news/images_h/metroNews210126_1.pdf |format=PDF|language=日本語|title=2019年3月1613(土)日比谷線、半蔵門線、有楽町線・副都心線、南北 東京メトロ全ダイヤ改正します|publisher=東京地下鉄|date=20192021-01-2926 |accessdate=20202021-1102-1603}}</ref>。
 
=== 6両編成化など ===