「キプチャク草原」の版間の差分

m
lk, wikt
m (→‎参考文献: 最終カテゴリ前の言語間リンク)
m (lk, wikt)
 
[[ファイル:Қыпшақ даласы.png|thumb|250px|キプチャク(欽察)草原の範囲(カザフ語)]]
 
'''キプチャク草原'''(キプチャクそうげん)は、[[中央ユーラシア]]西北部から東ヨーロッパ南部までの歴史的呼称。[[ペルシア語]]のダシュティ・キプチャーク({{lang-fa-short|دشت قپچاق}}、{{lang|en|Dasht-i Qipchāq}})の訳語で、この地域に[[11世紀]]から[[13世紀]]にかけて[[テュルク]]系遊牧民[[キプチャク]](別名クマン、コマン、ポロヴェツ)が活動したことからこのように呼ばれるようになった<ref>{{lang-fa-short|[[:en:wikt:دشت|دشت]]}}({{lang|en|Dasht}})は「平野」を意味し、{{lang-fa-short|قپچاق}}({{lang|en|Qipchāq}})は民族名(キプチャクと同様にテュルク系遊牧民を指した古称で「[[韃靼]](だったん)」と意訳されることもある)。なお、「dasht」に付く「-i」は[[エザーフェ]]というペルシア語の文法事項である。</ref>。[[ラテン語]]の記録では「'''クマニア'''」({{lang-la-short|Cumania}})・「'''コマニア'''」、[[古東スラヴ語]]・[[ルーシ語]]の記録では「'''ポロヴェツ草原'''」({{lang-ru-short|Половецкая степь}})と呼ばれる。[[中国語]]の記録では'''欽察草原'''(きんさつそうげん)と呼ばれる。
 
== 範囲 ==
厳密に区切られた版図を持つわけではないが、およそ[[ポントス・カスピ海平原]]、[[カザフステップ]]を合わせた範囲となる。北東は[[カザフスタン]]東部の[[カザフ高原]]、南東は[[キルギスタン]]の[[天山山脈]]北麓あたりで、東西は[[シルダリア川]]北岸、[[アラル海]]北岸、[[ウラル川]]下流域、[[ヴォルガ川]]下流域を経て西は[[ドン川]]下流域あたりまで、西南は北[[カフカース]]低地、北西は[[チュヴァシ共和国|チュヴァシ]]・[[リャザン]]あたりまでを指す。「南ロシア草原」と呼ばれる[[ウクライナ]]南部から[[モルドバ]]にかけての[[黒海]]沿岸低地も含めることもある。
 
北は[[シベリア]]および[[ヨーロッパ・ロシア]]の森林地帯で、南は[[天山山脈]]、[[パミール高原]]、[[カフカース山脈]]などの急峻な山地と、[[マー・ワラー・アンナフル]]、[[ホラズム]]、[[ホラーサーン]]などの乾燥した[[オアシス]]農業地帯で、両者に挟まれた帯状の草原地帯である。東は[[ジュンガル盆地]]、[[アルタイ山脈]]を抜ければ[[モンゴル高原]]の草原地帯に出て[[中国]]に通ずることができ、西は[[カルパティア山脈]]と[[トランシルヴァニア]]まで平原が広がるためほとんど[[ヨーロッパ]]の農耕地帯に接する。そのため、「[[草原の道]]」といわれる交易と民族移動の道が古来栄えてきた。この草原に暮らす遊牧民は、北西の[[ルーシ]]や南のオアシス地帯の農耕民をしばしば攻撃し、時には征服して支配下においていた。
 
== 歴史 ==
ジョチ・ウルスは[[14世紀]]前半に[[イスラム教]]を受容し最盛期を迎えたが、同じ世紀の後半にはジョチ家諸王家の政権やジョチ家重臣の諸家の政権が自立傾向を深めて分裂し始め、[[15世紀]]には東部には[[シャイバーニー朝|シャイバーン家]]の[[ウズベク]]集団、ウズベクから分派した[[カザフ]]集団、ウラル川流域の[[ノガイ・オルダ]]、ヴォルガ川中流域の[[カザン・ハン国]]、下流域の[[アストラハン・ハン国]]、[[クリミア半島]]の[[クリミア・ハン国]]など多くの政権が分立した。
 
[[16世紀]]にはウズベクが[[マー・ワラー・アンナフル]]に南遷してキプチャク草原の東部はカザフの天地となり、カザフ草原と呼ばれるようになる。また、同じ世紀に西方ではカザンとアストラハンがジョチ・ウルスの支配を脱して自立した[[モスクワ大公国]]によって征服され、草原地帯にはその尖兵として[[コサック]]が入り込み始めた。[[18世紀]]には、[[カルムイク人]]が[[ノガイ・オルダ]]に攻め込んで{{仮リンク|カルムイク・ハン国|en|Kalmyk Khanate}}を建てたが、モスクワ大公国から発展した[[ロシア帝国]]による[[ヴォルガ・ドイツ人]]の入植が始まり、[[カザフ]]が服属した後、[[プガチョフの乱]]を経て、[[クリミア・ハン国]]が征服され、キプチャク草原の遊牧民の時代は終わりを告げることになる。
 
== 脚注 ==