「それ行け!カッチン」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
高木和子、通称「カッチン」は、船乗りの娘。船乗りのお父さんが長い航海に出るため、親戚の谷川家に預けられた。谷川家の悪ガキ兄弟の良太、正太とあるときは対立し、あるときは結託し騒動を起こす彼女を、谷川家の向かいに住む担任の英子先生は、時に見守り、時に叱咤している。そして、カッチンの知らない秘密、それは彼女の宝物で英子先生に預けられた[[アラビア]]の壷には小人の[[妖精]]ボビンが住んでいて、魔法で英子先生を助けているのである。
 
()== ボビンの魔法 ==
カッチンがお父さんからもらったアラビアの壷には、背丈10数センチの妖精ボビンが住んでいて、花を挿すと花の色の服(赤い花なら服も赤、黄色い花なら服も黄色など)を着たボビンを召喚出来、花を抜くまでは外の世界に居られるのである。
:「三つの願い」主にボビンが使う魔法、胸のボタン三個を一個ずつちぎると使えるが、比較的多いのがカッチン達の意思が具現化した様な(27話では「キヨシ君の嘘の世界」と具体的に言っている)異世界へ送還される事、他には縮小されて玩具の気球に乗ったり、金魚の体内に行ったりと、[[童話]]のような冒険の中でカッチン達が力を合わせる状況が多く、最後のひとつの魔法はカッチン達が元に戻る際に使用される。
:*オープニングも三つの願いでカッチンが夢のような冒険をする様子を描いている。
:「遠視能力」遠くに居るカッチン達の様子を英子先生に見せる能力、本、コーヒーカップなどにテレビ画面のように映写される。かなり頻繁につかう
:「飛行能力」三つの願いを使うまでもないと、カッチン達を捜索したり、自分で帰還したりする。
:「変身能力」居なくなった犬に変身してカッチンを慰めようとしたが、良太に捕まって「喋る犬」として見世物にされる。