「丁夫人」の版間の差分

編集の要約なし
(曖昧さ回避ページへのリンクを回避)
 
'''丁夫人'''(ていふじん、生没年不詳)は、[[中国]][[後漢]]末期の人物。[[曹操]]の妻。[[曹昂]]の育て親。一族に丁沖、丁儀・丁廙、丁謐。
 
曹操の正室[[劉夫人 (曹操)|劉夫人]]が亡くなった後に迎えられた。子供に恵まれなかったため劉夫人の遺児である曹昂を大変可愛がり、曹操の跡継ぎとして育てた。しかし、[[宛]]城で曹操が[[張繡]]から奇襲を受けた際、曹昂は曹操が無事に逃げることの出来るよう助力したため、戦死した。
 
そのため丁夫人は悲嘆に暮れるようになり、事あるごとに「私の子を殺しておきながら、平気な顔をしているとは」と曹操に言っては、節度もなく号泣した。曹操はこのような態度を不快に思っていたが、丁夫人を愛していたため、里に帰して丁夫人の気持ちが収まるのを待った。しばらくして曹操は丁夫人の家まで行き、謝して宥め、共に帰るように促した。しかし丁夫人がこれを拒んだため、二人はそのまま離縁することとなった。