「漣川軍部隊銃乱射事件」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 事件の詳細 ==
===背景===
キム一等兵は大学在学中の2004年12月に[[兵役]]で陸軍入隊を果たし、2005年1月14日に第530警戒所へと配属された。しかし古参上等兵らとの折り合いが極めて悪く、暴力を振るわれこそしなかったものの、悪口などに晒されており<ref name="中央日報05-06-19" />、またキム一等兵自身も古参兵に対する悪口を吐いたり、しばしば傲慢な態度を取るなどした<ref name="中央日報05-06-23-a" />。当時、小隊の雰囲気は決して悪くなかったが、キム一等兵は中々溶け込めずにいたという<ref name="中央日報05-6-23-b">[http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=64877&servcode=400&sectcode=400 <最前方GP乱射事件>「わが息子は...」遺族ら号泣](中央日報日本語版)</ref>。同窓の友人チョン一等兵に対してしばしば「手榴弾と小銃で小隊員を皆殺しにしたい」と話しており、チョン一等兵はこれを単なる冗談や泣き言と捕え、上官に報告することはなかった。上官たちもキム一等兵の内気な性格を問題視していたものの、キム一等兵自身が「頑張ります」と前向きな意思を見せた為、関心兵士(問題のある兵士を意味する韓国軍の用語)に分類していなかったという<ref name="東亜05-6-21">[http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005062167198&path_dir=20050621 犯行2日前に「同僚全員殺害」を決意 銃器乱射の金一等兵]([[東亜日報]]日本語版)</ref>。
 
また、キム一等兵がゲーム好きであったことは同僚の間でも良く知られており、後の取り調べでも「オンラインゲームが好きだ」と答えている。彼は入隊直前まで[[MMORPG]]「[[メイプルストーリー]]」に没頭しており、[[オフラインミーティング]]でキム一等兵と出会ったあるプレイヤーは、「オフラインの集会では物静かだったがゲーム内では積極的な性格に思えた」と語っている。一部の専門家は、犯行にもゲームの影響があったのではないかと指摘している<ref name="中央日報05-6-21-a">[http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=64766&servcode=400&sectcode=400 <最前方GP銃撃事件>キム一等兵の犯行はゲームのせい?](中央日報日本語版)</ref>。
203

回編集