「京極為兼」の版間の差分

伝記
m
(伝記)
 
家風は実感を尊び、繊細で感覚的な表現による歌を詠み、沈滞していた鎌倉時代末期の歌壇に新風を吹き込んだ。「[[玉葉和歌集]]」「[[風雅和歌集]]」に和歌が入集している。
 
== 伝記 ==
* [[今谷明]]『京極為兼 <small>忘られぬべき雲の上かは</small>』(ミネルヴァ書房日本評伝選、2003年) ISBN 4623038092
* 井上宗雄『京極為兼』(吉川弘文館人物叢書、2006年) ISBN 4642052364
 
 
{{writer-stub}}
[[category:鎌倉時代の人物|きょうこくためかね]]
[[category:藤原氏|きょうこくためかね]]
[[category:歌人|きょうこくためかね]]
{{生没年|きようこくためかね|1254年|1332年}}
{{writer-stub}}
9,099

回編集