「アンドレア・ドウォーキン」の版間の差分

m
未完部分を改定
m (未完部分を改定)
</ref>。
 
[[イヴ・セジウィック]]は『男同士の絆 イギリス文学とホモソーシャルな欲望』の序章で[[ラディカル・フェミニズム]]に言及し、その代表格の一人にドウォーキンを挙げ、「ラディカルフェミニズムは、ジェンダーやセクシュアリティの意味がこれまで著しく変化してきたことを、暗にであれ露骨にであれ、否定しがちだ。(中略)重大な変化をもたらす要因を徹底的に単純化してしまうかもしれない」と言及している
 
== 著作 ==