「中山雅史」の版間の差分

→‎日本代表: 加筆と出典代行
m
(→‎日本代表: 加筆と出典代行)
 
== 日本代表 ==
1990年、[[横山謙三]]監督に選出されダイナスティカップの北朝鮮戦で[[国際Aマッチ|Aマッチ]]デビューを果たした<ref name="JF"/>。以降は代表を遠ざかっていたが、1992年に[[ハンス・オフト]]が代表監督になると代表に復帰、主に試合終盤に投入される[[スーパーサブ]]として活躍、第2回[[ダイナスティカップ]]決勝の韓国戦では同点ゴール制し挙げるなど<ref>{{cite news | url=http://samuraiblue.jp/timeline/19920829/| publisher =samuraiblue.jpl | title =日本 vs 韓国 1992| accessdate =17 April 2020}}</ref>、優勝に貢献、[[AFCアジアカップ1992|アジアカップ]]では準決勝の[[サッカー中華人民共和国代表|中国]]戦で決勝ゴールを決めるなど<ref>{{cite news | url=http://samuraiblue.jp/timeline/19921106/| publisher =samuraiblue.jpl | title =日本 vs 中国 1992| accessdate =17 April 2020}}</ref>、優勝に貢献した。1993年はクラブが[[ジャパンフットボールリーグ]](JFL)在籍にもかかわらず、[[1994 FIFAワールドカップ・アジア予選]]のメンバーにヤマハのチームメイトであった[[吉田光範]]と共に選ばれた。最終予選では1-2で敗戦した第2戦の[[サッカーイラン代表|イラン]]戦で途中出場から1ゴールを決めると、以降は不調だ累積警告で出場出来なかった[[高木琢也]]に変わってスタメンに起用される。次先発第3戦[[サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表|北朝鮮]]戦でもゴールを決め勝利に貢献<ref>{{cite news | url=https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=73116 |publisher=www.soccerdigestweb.com| title =運命のイラク戦、ラモスは「俺じゃなく中山を選んだ。その決め手は1 | accessdate =13 May 2020}}</ref>、最終戦の[[サッカーイラク代表|イラク]]戦でも勝ち越しゴールを決めたが、ロスタイムに同点ゴールを決められ引き分け、ワールドカップ行きの切符を逃した<ref>{{cite news | url=https://www.soccerdigestweb.com/news/detail3/id=73116 |publisher=www.soccerdigestweb.com| title =運命のイラク戦、ラモスは「俺じゃなく中山を選んだ。その決め手は EP5 3| accessdate =13 May 2020}}</ref>。
1995年の[[キリンカップサッカー|キリンカップ]]で復帰したが<ref name="JF"/>、6月の[[アンブロ・カップ]]英国遠征にて故障し、翌シーズンの不調もあり一時期代表から遠ざかる。
 
翌年、[[1998 FIFAワールドカップ]]にも選出されると、全敗でグループリーグ敗退したものの、3試合すべてで先発し、最終節の[[サッカージャマイカ代表|ジャマイカ]]戦では、日本代表のワールドカップ初ゴールにして今大会唯一のゴールを決める。その直後の相手選手との接触で脚を骨折しながらも試合終了までプレーし続けたことで、その闘志が称賛された(「骨折していながらもゴールを決めた」「ゴールと引き換えに骨折した」というのは誤り)。
 
代表監督が[[フィリップ・トルシエ|トルシエ]]に変わると、定期的に招集は受けるものの、若手の台頭などもあり、当落線上を前後していた。2000年の[[アジアカップ]]予選の[[サッカーブルネイ代表|ブルネイ]]戦では[[三浦知良]]とツートップを組み、ハットトリックを決めた<ref>{{cite news | url=http://samuraiblue.jp/timeline/20000216/| publisher =samuraiblue.jpl | title =日本 vs ブルネイ 2000| accessdate =17 April 2020}}</ref>(代表では初にして唯一のハットトリック)。2002年には、世間からは「中山待望論」はあったものの、リーグ開幕から不調(ワールドカップによる中断までわずか1得点)で、直前の海外遠征のメンバーから外された事や、トルシエが落選をほのめかしたことから、本大会代表には選ばれないとの推測・報道が多数を占めた。しかしベテラン抜きで挑んだ直前遠征で結果が出せなかった事もあり、代表に足りない「精神的支柱」としての意味も含め[[秋田豊]]とともに[[2002 FIFAワールドカップ日本代表]]に選出された。日本のワールドカップ初勝利となった[[サッカーロシア代表|ロシア]]戦で後半途中からピッチに立ち、「ドーハの悲劇」、1998年W杯、2002年W杯を日本代表として経験した唯一の選手となった。
 
2002年10月、[[ジーコ]]監督就任以降も代表に選出され4試合でプレー、2003年のキリンカップ、[[サッカーアルゼンチン代表|アルゼンチン]]戦で先発出場。この試合が代表最後の試合となった<ref name="JF">{{cite news | url=http://www.jfootball-db.com/players_na/masashi_nakayama.html |publisher=jfootball| title=中山雅史| accessdate =13 May 2020}}</ref>。