「カロリーネ・シェリング」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(父)
 
'''カロリーネ・シェリング''' ({{lang-de-short|Karoline Schelling}}, [[1763年]][[9月2日]] - [[1809年]][[9月7日]])は、[[ドイツロマン主義]]文学の時代に大きな影響をあたえた女性。当時の知的な女性のシンボル的な存在で、彼女自身の著作はないが、ロマン主義の作家・哲学者たちと親密な交際を行った。
 
1763年9月2日に[[ゲッティンゲン]]で誕生した。父親は神学者・東洋学者として知られ、[[ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン|ゲッティンゲン大学]]教授の[[ヨハン・ダーヴィト・ミヒャエリス]]。[[1796年]]に文学者[[アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル]]と結婚するも[[イェーナ]]大学の哲学教授[[フリードリヒ・シェリング]]と恋愛、[[1803年]]、シュレーゲルと協議離婚し大学を辞任したシェリングと[[ヴュルツブルク]]で結婚した。[[1806年]][[ミュンヘン]]に移住、1809年9月7日、療養先の[[マウルブロン]]で死去。
 
{{Normdaten}}