「国立霞ヶ丘競技場陸上競技場」の版間の差分

(→‎外部リンク: リンク切れを修正)
[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]では、当競技場をホームスタジアムとするクラブチームはなかった。これは、Jリーグの方針で国立霞ヶ丘競技場にホームチームを置かないと決めているためである。[[読売サッカークラブ]](現:東京ヴェルディ1969)がJリーグに参入する際に、ホームスタジアムとすることを希望したものの拒否されている。首都圏周辺にホームタウンを置くクラブが集客の都合や観客の安全確保、スタジアムの増改築、その他スケジュール上の不都合等の理由で、ホームスタジアムでの開催に支障がある場合、国立霞ヶ丘競技場や[[国立西が丘サッカー場]]でホームゲームを開催することがある。首都圏以外に本拠を置くチームでも過去に[[清水エスパルス]]、[[名古屋グランパスエイト]]、[[ジュビロ磐田]]などが主催試合を行ったことがある。
 
[[東京都]]をホームタウンとする[[FC東京]]、[[東京ヴェルディ1969|東京ヴェルディ]]も毎年複数試合ホームゲームを主催していた。また、都外のチームでは[[横浜FC]]も2006年から2011年まで毎年利用していたほか、[[鹿島アントラーズ]]、[[柏レイソル]]、[[ヴァンフォーレ甲府]]、[[栃木サッカークラブ|栃木SC]]がホームゲームを開催していた。鹿島と栃木は本拠地スタジアム改修による代替地での利用であるが、甲府と柏は本拠地の収容数を超える見込みのある対戦時に使用していた。なお、甲府は[[浦和レッドダイヤモンズ|浦和レッズ]]戦、柏は浦和と鹿島の試合で使用することが多かった。
 
FC東京は、[[東京スタジアム (多目的スタジアム)|東京(味の素)スタジアム]]が竣工する前の[[2000年]]にJ1へ昇格したが、スタジアムがまだ建設中で、その他にJ1開催基準(夜間照明、15000人以上収容のスタンドなど)を満たした施設がなかったため、同年に限り当競技場を事実上の本拠地としてホームゲームの過半数を主催した{{Efn2|登録上の本拠地は[[駒沢オリンピック公園陸上競技場]]であるが、照明設備が周辺に病院があるため設置できず、過半数の開催が不可能だったため。}}。