「カトゥン」の版間の差分

グレゴリオ暦
(空白削除)
(グレゴリオ暦)
 
{{otheruses|暦の単位|遊牧民の皇后の称号|ハトゥン|インドネシアの村|:id:Katung, Kintamani, Bangli}}
'''カトゥン'''は、古代[[メソアメリカ]]文明で用いられた[[長期暦]]で、20[[トゥン]]、すなわち7200[[キン (マヤ暦)|キン]](日)にあたる単位である。[[グレゴリオ暦]]で約19.7年に相当する。カトゥンの終了にあたる日には、その日を祝って、石碑が建てられたり、戦争捕虜を生贄に捧げたり、新しい神殿を建築したり、古い神殿を改築したりした。
 
カトゥンというのは[[ユカテコ語]]の名称であり、古典期のマヤ人は「20年」を意味するウィニクハーブ(winikhaabʼ)と呼んでいた<ref>{{cite book|author=Scott A. J. Johnson|year=2013|title=Translating Maya Hieroglyphs|publisher=University of Oklahoma Press|isbn=9780806151212|page=81}}</ref>。