「後背位」の版間の差分

独自研究 Wikipedia:信頼できる情報源 第三者による査読がおこなわれておらず宣伝的ではWP:ADV どうしても値するというならノートで議論を
タグ: 差し戻し済み
(独自研究 Wikipedia:信頼できる情報源 第三者による査読がおこなわれておらず宣伝的ではWP:ADV どうしても値するというならノートで議論を)
タグ: 手動差し戻し
 
== 概要 ==
女性または受け役が四つん這いになって手をついたところに、男性または立ち役が膝をついて背後から性器を挿入する体位である。正常位より挿入がし易い場合がある。ほとんどの[[哺乳類]]もこうした体位で性交をする{{要出典|date=2015年8月29日 (土) 14:01 (UTC)}}。[[Durex]]社が全世界の15万人を対象に調査した統計「Durex global sex survey」(2003年)によるとこの体位を好む人の割合は、[[フランス]]37%(1位)、[[台湾]]31%(2位)、[[米国]]30%(2位)、[[英国]]28%(2位)である。なお同調査に日本でのデータは含まれない<ref>{{Cite web|url=https://www.durex.com/en-jp/sexualwellbeingsurvey/documents/2003_global_report_phase_1.pdf|title=durex global sex survey 2003|format=PDF|publisher=[[Durex]]|accessdate=2015-01-17|deadlinkdate=2017年10月|quote=PDFファイルの5ページ目にリストが掲載されている。|archiveurl=https://web.archive.org/web/20101207133723/http://www.durex.com/en-JP/SexualWellbeingSurvey/Documents/2003_Global_report_phase_1.pdf|archivedate=2010年12月7日}}</ref>。
女性または受け役が四つん這いになって手をついたところに、男性または立ち役が膝をついて背後から性器を挿入する体位である。正常位より挿入がし易い場合がある。
女性ができるだけ両脚を開き、両手をずらしながら尻を突き出す。男性は女性の腰を持ち、女性の突き出された性器に挿入する。そのまま腰を持ちながら腰を前後に動かす。女性が両足を閉じた態勢で挿入すると膣が締まってより快感が感じられるとされる。
女性が動くときは、身体を起こし、腰を前後に動かす。この際、女性の両脚の甲を男性の両ふくらはぎにからめると、抜けにくくなる。女性が身体を落とし、両肘で身体を支えながら少し両脚を閉じて腰を前後に動かす。
うまく挿入できないときは、女性の腰の位置が低い場合は、男性が両脚を広げて、女性の腰の位置が高い場合は、男性が腰を上げて、高さを調整する。互いの角度が合わない場合は、男性が立ち上がり角度が合う場合がある。男性が女性の性器の位置をとらえられない場合は、女性が片手を両脚の間にさしこみ、男性を導く。
膝立ちで上体を起こして女性の乳房や性器を刺激しながら腰を動かすパターン、女性が男性を振り向く体勢でたがいに顔を見ながら挿入するパターン、男性が女性の両手を掴むパターンなどもある。
ほとんどの[[哺乳類]]もこうした体位で性交をする{{要出典|date=2015年8月29日 (土) 14:01 (UTC)}}。[[Durex]]社が全世界の15万人を対象に調査した統計「Durex global sex survey」(2003年)によるとこの体位を好む人の割合は、[[フランス]]37%(1位)、[[台湾]]31%(2位)、[[米国]]30%(2位)、[[英国]]28%(2位)である。なお同調査に日本でのデータは含まれない<ref>{{Cite web|url=https://www.durex.com/en-jp/sexualwellbeingsurvey/documents/2003_global_report_phase_1.pdf|title=durex global sex survey 2003|format=PDF|publisher=[[Durex]]|accessdate=2015-01-17|deadlinkdate=2017年10月|quote=PDFファイルの5ページ目にリストが掲載されている。|archiveurl=https://web.archive.org/web/20101207133723/http://www.durex.com/en-JP/SexualWellbeingSurvey/Documents/2003_Global_report_phase_1.pdf|archivedate=2010年12月7日}}</ref>。
 
「寝バック(ねばっく)」は、通常の後背位から移行する(女性が両膝を曲げ男性の尻をおさえることで密着感がます)。男性が挿入したまま、女性の腰を持ちながら、上体を前傾させ、片手をつきながら両脚を女性の両脚の外に出し、前に移動し、さらに前傾し、耳や首などを口などで愛撫しつつ腰を動かす。男性の両脚が女性の膝を曲げた両脚の内側にはいるパターンでは、男性は膝を曲げればより安定を得、伸ばせばより深い挿入感を得られる。
 
「ロールスロイス」は、男性が両脚を女性の両脚の外に出し、女性が男性に支えられつつ上体を起こし、男性が女性の両腕を持ったまま、自分は後傾したまま腰を動かす。
== 各言語や書物での呼称 ==
{{出典の明記|section=1|date=2015年8月29日 (土) 14:01 (UTC)}}
* {{Cite book|和書|author=[[三葉 (ライター)|三葉]]|others=土方敏良 企画・構成・編集|title=[[30歳の保健体育]]|pages=<!--記事本文の編集時に実際に参考にしたページ数を記載して下さい-->|date=2008-11-27|publisher=[[一迅社]]|location=[[東京都]][[新宿区]][[新宿]]2-5-10成信ビル8F|id={{全国書誌番号|21598259}}|asin=B00MA6KNCW|oclc=676680062|isbn=978-4-7580-1123-5}}{{要ページ番号|date=2015年9月5日 (土) 14:20 (UTC)}}
*夢枕艶房秘考(性戯四十八手裏表絵解説)東京美術出版平成6年刊
 
== 外部リンク ==
*[https://shc.lovecosmetic.jp/sex/backtaii.html 後背位のやり方!セックス(SEX)で気持ちいいバックの体位を解説!【ラブコスメ】]
== 関連項目 ==
{{commons|Category:Doggy style positions}}