「入江たか子」の版間の差分

 
===東宝へ===
19371938年(昭和13年)、[[長谷川一夫]]の東宝入社記念映画『[[藤十郎の恋]]』([[山本嘉次郎]]監督)に出演。
 
1941年(昭和16年)、『[[白鷺 (小説)|白鷺]]』([[島津保次郎]]監督)に出演。零落した美妓に扮し、泉鏡花の当たり狂言を原作とする「流れて動いて生きる、それが女というものでしょうか」との名ゼリフが評判となった。