「土壌動物」の版間の差分

m
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
: 手でより分けること。土壌を白い布の上などに広げ、[[ピンセット]]等を使ってより分けながら動物を探す。
; ベルレーゼ装置・ツルグレン装置
: [[Image:Berlese.pngsvg|thumb|100px|ベルレーゼ装置(ツルグレン装置)]]
: 土壌中の動物が乾燥を嫌うことから考え出された採集装置。
: [[漏斗]]の上に金網を置き、その上に土壌を広げると、土壌は表面から乾き始めるので、動物は下の方へ逃げて、結果的には金網を抜けて下に落ちる。これを、漏斗の口に瓶をおいて集めてしまうというもの。ツルグレン装置は、熱や光、乾燥した所が嫌いという土壌中の動物の性質をさらに利用するために上に電球を設置するものである。
261

回編集