「トレジャー」の版間の差分

編集の要約なし
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
 
 
=== 2000年代===
2000年代初頭、トレジャーはいくつかのトラブルに見舞われていた。<ref name=":1" />[[NAOMI]]基板用に開発していたアーケード用レースゲーム『{{仮リンク|ガンビート|en|Gun Beat}}』は、殆ど説明のないまま発売中止になった。<ref name=":5">{{cite web|url=http://www.ign.com/articles/2000/05/23/treasure-issues-a-statement-on-gunbeat|title=Treasure Issues a Statement on Gunbeat|last1=IGN Staff|date=22 May 2000|website=IGN|archiveurl=https://web.archive.org/web/20180421173455/http://www.ign.com/articles/2000/05/23/treasure-issues-a-statement-on-gunbeat|archivedate=21 April 2018|url-status=live}}</ref>PlayStation 2用の『{{仮リンク|シルフィード ザ・ロストプラネット|en|Silpheed: The Lost Planet}}』(2000年)と『{{仮リンク|ひっぱリンダ|en|Stretch Panic}}』(2001年)は、いずれも酷評を受けた。<ref name=":1" /><ref name=":3" />しかしその一方で、[[任天堂]]と共同開発したNINTENDO64用レールシューター『[[罪と罰 〜地球の継承者〜]]』(2000年)は成功をおさめた。<ref name=":1" />同作は欧米では発売されなかったものの、輸入ゲーマーのあいだではカルトな人気を博した。<ref name=":11">{{Cite web|url=http://www.ign.com/articles/2007/10/01/vc-monday-1012007|title=VC Monday: 10/1/2007|last=Bozon|date=1 October 2007|website=IGN|language=en-US|archiveurl=https://web.archive.org/web/20171105021032/http://www.ign.com/articles/2007/10/01/vc-monday-1012007|archivedate=5 November 2017|url-status=live|access-date=4 November 2017}}</ref>『罪と罰』の開発中に、トレジャーは『レイディアントシルバーガン』の精神的続編となる『[[斑鳩 (シューティングゲーム)|斑鳩]]』(2001年)の開発を始めた。<ref name="shump2001">{{cite web|url=http://shmuplations.com/ikaruga/|title=Ikaruga – 2001/2002 Developer Interviews|website=shmuplations.com|language=en|archiveurl=https://web.archive.org/web/20160406105839/http://shmuplations.com/ikaruga/|archivedate=6 April 2016}}</ref>このアーケードシューティングゲームは[[グレフ]]と共同開発され、<ref name=":3" />[[ドリームキャスト]]への移植を経て、[[ニンテンドーゲームキューブ]]において世界的にリリースされた。<ref name=":1" />
 
その後、トレジャーは一連のライセンスゲームのプロジェクトに着手した。<ref name=":1" />そのうちの2つは、『[[タイニー・トゥーンズ]]』を原作とした[[ゲームボーイアドバンス]]用ゲーム『{{仮リンク|Tiny Toon Adventures: Buster's Bad Dream|en|Tiny Toon Adventures: Buster's Bad Dream}}』(2002年)と未発売に終わったPlayStation 2用ゲーム『{{仮リンク|Tiny Toon Adventures: Defenders of the Universe|en|Tiny Toon Adventures: Defenders of the Universe}}』である。<ref name=":1" />この時期にライセンスされた他のゲームには、