「レオ・ギンズブルク」の版間の差分

m
link
m (link)
 
指揮者としては、[[1924年]]に活動を始め、[[ニコライ・ミャスコフスキー]]<ref>[[交響曲第13番 (ミャスコフスキー)|交響曲第13番]]、[[交響曲第15番 (ミャスコフスキー)|交響曲第15番]]の初演を担当。</ref>、[[アラム・ハチャトゥリアン]]、[[ドミトリー・カバレフスキー|カバレフスキー]]、[[レフ・クニッペル|クニッペル]]、[[ニコライ・ラコフ|ラーコフ]]、[[ヴィッサリオン・シェバリーン|シェバリーン]]らの作品の紹介に努めている。[[1932年]]に[[モスクワ放送交響楽団]]、[[1940年]]に[[ロシア国立交響楽団|ソヴィエト国立交響楽団]]の指揮者陣に名を連ね、[[1944年]]から[[1945年]]の間は、[[:ru:Новосибирский театр оперы и балета|ノヴォシビルスク・オペラ・バレエ劇場]]の首席指揮者、1945年から[[1948年]]にかけては、[[アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国|アゼルバイジャン]]の国立フィルハーモニー協会の首席指揮者として活動し、[[1950年]]から[[1954年]]までは[[:ru:Московский государственный академический симфонический оркестр|モスクワ国立交響楽団]]の首席指揮者を務めている。
 
母校であるモスクワ音楽院では、指揮法の教師として[[1930年]]より亡くなるまでの間、およそ半世紀にわたり教鞭を執り続けた。[[1939年]]に[[教授]]に昇格し、1940年から[[1943年]]、[[1956年]]から[[1961年]]の二度にわたり主任を務めている。門弟はおよそ100人に及び、著名な者として、[[コンスタンティン・イワノフ]]、[[ヴェロニカ・ドゥダロワ]]、[[イズラエル・グスマン]]、[[:ru:Мансуров, Фуат Шакирович|ト・マンスロフ]]、[[ゲンナジー・チェルカーソフ]]、[[ウラジーミル・フェドセーエフ]]、[[ドミトリー・キタエンコ]]、[[アレクサンドル・ラザレフ]]、[[:ru:Анисимов, Александр Михайлович (дирижёр)|アレクサンドル・アニシモフ]]、[[ラヴィル・マルティノフ]]、[[パヴェル・コーガン]]、[[アレクサンドル・ミハイロフ]]等がいる。
 
1979年にモスクワで没した。
* [http://msso-kogan.ru/ru/about/history/ モスクワ国立交響楽団公式サイトより楽団の歴史(ロシア語)]
* [http://www.belcanto.ru/ginsburg_leo.html belcanto.ru内紹介ページ 1969年の文章(ロシア語)]
* [http://eslovar.com.ua/moskva_entsiklopediya/page/ginzburg_leo_moritsevich.904 moskva_entsiklopediya内紹介ページ 1981年の文章(ロシア語)]
 
== 参考文献 ==