「織田頼長」の版間の差分

編集の要約なし
'''織田 頼長'''(おだ よりなが、[[天正]]10年([[1582年]]) - [[元和]]6年[[9月20日 (旧暦)|9月20日]]([[1620年]][[10月15日]]))とは、[[織田長益]](有楽斎)の次男である。生母は長益正室の[[平手政秀]]の娘・雲仙院殿である。そのため、長益の嫡子であったと考えられる。別名は秀信。通称は孫十郎、左門、雲正寺道八。官位は[[従四位下]][[侍従]]。
 
父長益とともに[[豊臣秀頼]]に仕える。慶長13年(1608年)1月豊臣秀頼の命により、年賀の使者として江戸におもむく。慶長14年7月公家[[猪熊教利]]の逃亡を助けて処罰の対象となり、浪人になったようである。大坂冬の陣に際して、豊臣家に帰参したと思われる。ただし、『[[徳川実紀]]』では猪熊教利の逃亡に関与したのは、弟[[織田長政]]としている。慶長18年2月20日帰国の途中、京都に逗留していた[[木下延俊]]を訪ねている。
 
慶長19年(1614年)[[大坂冬の陣]]に際しては父長益とともに[[大坂城]]に籠城し、二の丸玉造口などを守備する。雑兵を合わせて一万人あまりの部隊を指揮したという。同年12月自ら率いる部隊内の喧嘩騒ぎにより、徳川方の[[藤堂高虎]]隊が攻撃を開始し、谷町口の戦いがおきる。しかし、頼長は病気と称して指揮をしなかったという。
元和元年(1615年)4月[[大坂夏の陣]]に際し、大坂城を退去する。一説には、豊臣家の総大将の地位を望んだものの、かなわなかったためという。大坂城退去後は京都に隠遁し、茶の湯(現在の[[茶道]])に専念し、有楽流を継承する。頼長は豊臣家の中心的な家来の一人であったため、父長益は領地を分与することを控え、幕府も領地を与えず、大名に列することはできなかったようである。
 
[[元和]]6年(1620年)9月20日京都で死去、39歳。京都東山の長寿院に葬られた。正室はいお、い。長男[[織田長好|長好]]は息子である。また娘は長女([[一条昭良]]となった)の一男一女あり
 
[[category:織田氏|よりなか]]
匿名利用者