「相馬利胤」の版間の差分

編集の要約なし
| 特記事項 =
}}
'''相馬 利胤'''(そうま としたね)は、[[江戸時代]]前期の[[大名]]。[[相馬義胤 (十六代当主)|相馬義胤]](第16代)の長男。[[陸奥国|陸奥]][[相馬中村藩]]初代藩主。初名は'''相馬三胤'''、のち'''蜜胤'''、'''利胤'''。正室は[[蘆名義広]]の娘(実際は[[蘆名盛隆]]の娘)・江戸崎御前。江戸崎御前の没後は、[[徳川秀忠]]養女([[土屋忠直]]の異父妹で、[[岡田元次]]の娘)を正室として迎えた。子には[[相馬義胤 (相馬中村藩主)|相馬義胤]](長男)、娘([[寺沢堅高]]継室)などがいる。
 
== 経歴 ==