「高島部屋」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 改良版モバイル編集
1990年(平成2年)11月場所限りで引退して熊ヶ谷部屋の部屋付き親方となっていた13代[[高島 (相撲)|高島]](元関脇・[[高望山大造|高望山]])が、1993年5月に内弟子の[[序ノ口]]力士1名を連れて分家独立し、部屋を再興した。2007年1月場所後には同じ一門の[[伊勢ヶ濱部屋]]が閉鎖されたことに伴い、所属行司である[[式守勘太夫 (12代)|式守錦之助]]を引き取った。
 
しかし、関取を育てることができず、独立当初から所属力士が少ない状況が続き、最も多い時期でも2002年5月場所から2003年1月場所の9人に留まった。特に閉鎖直前の2009年11月場所(実質的には同年9月場所)から2010年53月場所までは所属力士がモンゴル出身の[[大天霄健|大天霄]]1人となっていた。2010年75月場所には新たに入門した男山が初土俵を踏んだものの、同じ場所で大天霄が引退。
 
男山が同年9月場所に出場したのを最後に部屋を離れたが、即座に引退届が提出されなかったため、2010年11月場所には本場所の取組に出場する弟子がいない状態に陥った。