「由良貞房」の版間の差分

編集の要約なし
m
[[寛永]]11年([[1634年]])将軍[[徳川家光]]に御目見する。寛永16年([[1639年]])7月23日父貞房の死去により、家督を相続する。寛永20年([[1640年]])6月16日書院番に加えられる。[[寛文]]元年([[1661年]])9月3日内裏造営のために京都に赴く。寛文5年([[1665年]])9月8日高家職に就き、11月16日従五位下侍従・信濃守に叙任する。以後、由良家は高家旗本に列することになった。延宝2年(1674年)1月4日死去、49歳。
 
正妻は[[朽木友綱]]の娘。長男[[由良頼繁|頼繁]]、次男[[横瀬貞顕]]、五男[[横瀬貞寛]]ら五男一女あり。
 
{{先代次代|[[横瀬氏|高家由良家4代当主]]|1639~1674|[[由良忠繁]]|[[由良頼繁]]}}
 
{{生没年|ゆらさたふさ|1626年|1674年}}
匿名利用者