「高山啓義」の版間の差分

m
FIFA国際審判員リスト作成に伴う処理
m (FIFA国際審判員リスト作成に伴う処理)
| role2 = [[審判員 (サッカー)#主審|主審]]
| internationalyears1 = 2004 - 2014
| confederation1 = [[FIFA国際サッカー連盟審判員リスト|FIFA登録]]選出
| internationalrole1 = 主審
| internationalyears2 =
カードを頻繁に出す傾向があり、[[2004年]][[5月9日]]の[[清水エスパルス]]対[[セレッソ大阪]]戦ではJリーグ最多記録となる一試合13枚のイエローカードを提示した。([[レッドカード]]2枚)
 
[[2009年]]6月28日、[[セレッソ大阪]]対[[水戸ホーリーホック]]戦において、スローインを他の選手に代わろうとした[[香川真司]]に対して[[イエローカード]]を出すそぶりで威嚇した。<ref>{{cite news|url=http://www.sponichi.co.jp/osaka/socc/200906/29/socc221657.html|title=J2C大阪・香川2発!7節ぶりの首位奪取に笑顔 主審の判定に激怒、指揮官は会見キャンセル|newspaper=スポニチアネックス|date=2009-06-29}}</ref><ref> [https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=12137 J.League Data Site 2009Jリーグ ディビジョン2 第24節第2日 水戸-C大阪]</ref>
 
[[2009年]]8月22日、[[柏レイソル]]対[[横浜F・マリノス]]戦において、横浜[[山瀬功治]]が相手DFに両手で抱え込まれて倒れたが、主審の高山は故意の転倒と判断し、山瀬に対しこの試合2枚目のイエローカードを提示、退場処分とした。この判定に対してマリノスはJリーグへ意見書を提出。Jリーグは高山に2試合割り当てを外す処分を行った。その後、高山は誤審を認めた<ref>{{citenews|url=http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20090824-535006.html|title=Jで誤審、該当主審に割り当て外す処分|newspaper=nikkansports.com|date=2009-8-24}}</ref><ref>{{cite news|url=http://web.gekisaka.jp/news/detail/?58534-41476-fl|title=山瀬退場の高山主審が誤審で割り当て停止に|work=[[ゲキサカ]]|publisher=[[講談社]]|date=2009-8-24|accessdate=2015-6-10}}</ref>。
 
{{Jリーグ担当審判}}
 
{{Footy-stub}}
{{DEFAULTSORT:たかやま ひろよし}}
[[Category:日本のサッカー審判員]]
[[Category:1974年生]]
[[Category:存命人物]]
 
 
{{Footy-stub}}
19,605

回編集