「曇り止め」の版間の差分

翻訳後修正
(ページ「Anti-fog」の翻訳により作成)
 
(翻訳後修正)
 
'''曇り止め'''(くもりどめ)または'''防曇'''(ぼうどん)とは、ある表面が[[結露]]による細かな[[水滴]]で[[霧]]のようになる(曇る)のを防ぐこと。また、曇りを防ぐ化学物質も曇り止め、あるいは'''防曇剤'''(ぼうどんざい)と称する。防曇処理は[[ジェミニ計画]]の中で[[アメリカ航空宇宙局|NASA]]によって最初に開発され、現在では[[眼鏡]]、[[ゴーグル]]、[[写真レンズ|カメラレンズ]]、[[双眼鏡]]の[[レンズ]]や[[鏡|ミラー]]など、[[光学]]製品で使用される透明な[[ガラス]]や[[合成樹脂|プラスチック]]の表面に用いられることが多い。防曇処理は[[表面張力]]を最小化させて[[濡れ]]具合を変化させ、[[水]]を水滴状ではなく光散乱しない[[薄膜|水膜状]]にする。通常、[[界面活性剤]]の塗布や[[親水性]]の表面の形成によって曇りを防いでいる。
 
== 開発 ==
防曇剤は[[ジェミニ計画]]の中でヘルメットの[[バイザー]]に使用するために[[アメリカ航空宇宙局|NASA]]によって最初に開発された。1966年6月の[[ジェミニ9-A号]]で宇宙飛行士[[ユージン・サーナン]]がNASA最初の[[宇宙服]]をテストした際に、[[船外活動]]中にヘルメットのバイザーが曇ることが判明した<ref>{{Cite book|url=https://history.nasa.gov/SP-4219/Chapter13.html|accessdate=February 15, 2010|title=From Engineering Science To Big Science|chapter="More Favored than the Birds": The Manned Maneuvering Unit in Space|series=[[The NASA History Series]]|year=1998|first=Anne|last=Millbrooke|editor-first=Pamela E.|editor-last=Mack|archiveurl=https://web.archive.org/web/20100311155905/https://history.nasa.gov/SP-4219/Chapter13.html|archivedate=11 March 2010}}</ref>飛行後のテストにより、防曇液で処理されたバイザーの小さなパッチが、[[結露]]を防ぐのに効果をもつことが確認された。その後のジェミニ計画ではすべて、船外活動前に予め防曇液が塗布されている<ref>{{Cite book|url=https://history.nasa.gov/SP-4203/ch14-6.htm|accessdate=February 15, 2010|title=On the Shoulders of Titans: A History of Project Gemini|chapter=An Angry Alligator|series=[[The NASA History Series]]|year=1977|first=Barton C.|last=Hacker|first2=James M.|last2=Grimwood|archiveurl=https://web.archive.org/web/20100311114534/https://history.nasa.gov/SP-4203/ch14-6.htm|archivedate=11 March 2010}}</ref> <ref>{{Cite web|url=http://www.jamesmskipper.us/PHOTOS1.html|accessdate=February 15, 2010|title=My Experience as a Space Suit Test Subject}}</ref>
 
== 塗布 ==
曇り止めは通常、[[スプレー]]溶液、[[クリーム (基礎化粧品)|クリーム]]や[[ゲル|ジェル]]、および[[ウェットティッシュ|ウェットワイプ]]として入手することもできるが、複雑な防曇[[加工]]によってより耐性のある[[塗装|コーティング]]がなされることも多い。防曇添加剤は、プラスチックの内側から表面に[[滲出|染み出す]]ように添加することもできる<ref name="plastics">{{Cite web|url=http://composite.about.com/library/glossary/a/bldef-a367.htm|accessdate=February 15, 2010|title=Antifogging agents for plastics|website=[[About.com]]|publisher=[[The New York Times Company]]}}</ref>
 
=== 防曇剤 ===
 
* 水の表面張力を最小化する[[界面活性剤]]:
** [[シャンプー]]、[[石鹸]]、[[シェービングクリーム]]などの[[洗剤]]を溶液として塗布し、すすぎをせずに拭き取る。
* 界面自由エネルギーを最大化する[[親水性]]コーティング:
** [[重合体|ポリマー]]とヒドロゲル:
 
=== 簡易的な利用 ===
曇りを防ぐ方法の1つとして[[洗剤]]を薄く塗ることがあるが、洗剤は水への[[溶解度]]が高く、にじみやすいため、この方法は好まれない<ref>{{Cite web|url=http://www.webbikeworld.com/r2/motorcycle-helmet-visor-anti-fog/salclear/|accessdate=February 15, 2010|title=Salclear Motorcycle Helmet Visor Anti-Fog|author=Rick K.|website=[[webBikeWorld.com]]|publisher=[[webWorld International]]|archiveurl=https://web.archive.org/web/20100131041215/http://www.webbikeworld.com/r2/motorcycle-helmet-visor-anti-fog/salclear/|archivedate=31 January 2010}}</ref>一般的に知られている効果的な曇り止めとして、ダイビングでは唾液を使用する者も多い<ref>{{Cite web|url=http://www.scubadoctor.com.au/care-mask.htm|accessdate=February 15, 2010|title=Mask Care - Have a clear view every dive|website=[[The Scuba Doctor]]|publisher=[[The Scuba Doctor]]}}</ref> <ref>{{Cite web|url=http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect2=PTO1&Sect2=HITOFF&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsearch-bool.html&r=1&f=G&l=50&d=PALL&RefSrch=yes&Query=PN%2F5173804|accessdate=February 15, 2010|title=Mirror and method of mounting the same|first=Kent|author=Dogey|date=July 26, 1991}}</ref>
 
== 用途 ==
 
=== 水中ダイビング ===
[[スクーバダイビング|スキューバダイビング]]や[[水中ホッケー]]では、曇りによって視界が奪われるのを防ぐために、マスクに[[唾液|唾を吐い]]て表面をすばやく水で洗うということも多い。一般的にはより効果的な曇り止め製品も市販されている。新品のマスクレンズには製造工程による[[シリコーン]]がまだ付いているため、まず[[歯磨剤|歯磨き粉]]でレンズを洗浄してから{{要出典|date=May 2020}}、マスクをすすぎ、それから曇り止めを塗ることが勧められる。
 
== 関連項目出典 ==
{{reflist|30em}}
 
== 関連項目 ==
* {{Annotated link|Fog}}
* [[曇り]] - 気象
* {{Annotated link|Fogging (photography)}}, for fogging artifacts in photography
 
{{DEFAULTSORT:くもりとめ}} 
== 参考文献 ==
 
[[Category:霧]]
[[Category:カー用品]]
[[Category:ガラス]]
[[Category:加工]]