「全能の逆説」の版間の差分

編集の要約なし
(匿名ユーザーによる出典付きの記述の大量削除を差し戻し)
タグ: サイズの大幅な増減 手動差し戻し メディア追加
ただし、《論理を肯定する》ことは《非論理性を否定する》ことに等しい{{Sfn|バジーニ|2012|p=113}}。そのため、非論理性や神秘性を肯定することはできなくなる{{Sfn|バジーニ|2012|p=113}}。[[懐疑主義]]・論理的[[疑問]]・[[合理主義]]を切り捨てることもできない{{Sfn|バジーニ|2012|p=113}}。言い換えれば、論理・合理によって批判された事柄(神秘的全能者)について、「神」「奇跡」「超越」等と説明付けたり擁護したりしても、そこに論理的・合理的正しさは無い{{Sfn|バジーニ|2012|p=113}}。
 
「神には四角い丸を作る能力がない」と主張してきた人々は、[[無神論]]者だけでなく、典型的な[[信仰]]者(例えば[[トマスアクィナス]])たちも居り、彼らは全能者の力に論理的制限があることを受け入れていた{{Sfn|バジーニ|2012|p=111}}。また、神を全能者とする場合、[[伝統]]に反した答えが導かれる{{Sfn|郷|2001|p=54}}。例えば神が全能者として存在しているとすると、神は一切何も必要とせず存在可能なため、神にとって[[世界]]や[[被造物]]は必要でなく、何かを[[愛]]する必要もない{{Sfn|郷|2001|p=54}}。
 
== 概要 ==