「ソルティ・ドッグ」の版間の差分

出典のwebタイトルが逆だった
(copyedit 出典追加)
(出典のwebタイトルが逆だった)
 
=== 備考 ===
ノンスノー(グラスの縁に食塩をつけない)にするとカクテルの呼称が変わり、「テールレス・ドッグ」または「グレイハウンド」と言う<ref>{{cite book|和書|title=カクテルの図鑑|author=Cocktail15番地、佐藤淳、 斎藤都斗武|year=2013|publisher=[[マイナビ出版]]|isbn=9784839946234|page=65}}</ref>。日本においては「ブルドッグ」とも呼ばれるが<ref>{{cite web|url=https://www.suntory.co.jp/wnb/essay/113.html|title="ソ第113回 にっちもさっちも、フォーリーブス ブティドッグ"をオールドスタイルで|「EST!」のカクテルブック10杯目|date=|publisher=[[サントリー]]|author=達磨信|accessdate=2021-09-01}}</ref>、「ブルドッグ」の名づけは[[鎌倉市]]の[[バー (酒場)|バー]]「MIKE'S BAR」オーナー榊原直哉だとされている<ref>{{cite book|和書|title=散歩の達人 鎌倉・江の島|series=旅の手帖MOOK MOOK7|author=|publisher=[[交通新聞社]]|year=2018|isbn=978-4330876184|page=118}}</ref>。
 
== 関連項目 ==
{{reflist|refs=
<ref name="福西">{{cite book|和書|title=カクテル教室|author=[[福西英三]]|year=1996|publisher=[[保育社]]|isbn=9784586508877|page=28}}</ref>
<ref name="EST">{{cite web|url=https://dancyu.jp/read/2019_00002146.html|title=第113回 にっちもさっちも、フォーリーブス ブ"ソティドッグ"をオールドスタイルで|「EST!」のカクテルブック10杯目|date=2019-08-26|publisher=[[Dancyu]]|author=沼由美子|accessdate=2021-09-01}}</ref>
}}