「応神天皇」の版間の差分

m
一方で、[[岡田英弘]]は「応神天皇の五世孫」として即位した[[越前国]]出身の26代[[継体天皇]]の祖先神であるとして、その実在性を否定する<ref>{{Harv|岡田|1977}}P189-190</ref>。
 
岡田氏は、応神天皇の父親とされる[[仲哀天皇]]が、現在の学会では実在した可能性の極めて低い人物であるとされていることや、「応神天皇紀」、「日本書紀」において、応神の宮がどこにあったのか?全く書かれていない事。こと、応神天皇陵の所在が書かれていないことを挙げて、造作された人物であるとしている。
 
また『記紀』において次帝の[[仁徳天皇]]の条と記述の重複・混乱が見られることから、両者を同一人物と考える説もある。