「退去強制」の版間の差分

m
外部リンクの修正 http:// -> https:// (web.archive.org) (Botによる編集)
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (web.archive.org) (Botによる編集))
定期運航便の一部座席を借り上げて複数の被送還者を一度に送還する、小口集団送還も実施している。2017年度は2回で12人、2018年度は6月までに3回13人の実績がある<ref name="mojH30" />。
 
退去費用の抑制のため、2013年より、退去先の国が同じ数十人の不法滞在者を、[[チャーター便|チャーター機]]で集団退去させる手法が導入された<ref>{{cite news |title=不法滞在、チャーター機で75人を一斉送還|newspaper=[[読売新聞]] |date=2013-7-7 |url=http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130707-OYT1T00203.htm | accessdate=2013-7-7 |archiveurl=httphttps://web.archive.org/web/20130707033402/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130707-OYT1T00203.htm |archivedate=2013-07-07}}</ref>。機長から搭乗を拒否されることなく送還できる。
 
チャーター機で祖国に強制送還した記録。( )内は職員等の人数<ref>{{PDFlink|[http://www.moj.go.jp/content/001240066.pdf 退去強制業務について] 法務省入国管理局(2017年11月)}} </ref>