「芸術科学都市」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
'''芸術科学都市'''([[バレンシア語]]:Ciutat de les Arts i les Ciències、[[スペイン語]]:Ciudad de las Artes y las Ciencias)は、[[スペイン]]の[[バレンシア (スペイン)|バレンシア]]にある科学教育と芸術のための施設の複合体。[[1957年]]に大洪水を起こしたため付け替えられ1980年に公園となった[[トゥリア川]]の旧い川床に、5つの印象的な現代建築群が連なっている。
 
設計者はバレンシア生まれの建築家・構造技術者'''[[サンティアゴ・カラトラバ]]'''。[[1996年]]7月に建設が始まり、[[1998年]][[4月16日]]に[[プラネタリウム]]・[[IMAX|IMAXシアター]]の「レミスフェリック」(L'Hemisfèric)が開館した。[[2005年]][[10月9日]]にソフィア王妃芸術宮殿(El Palau de les Arts Reina Sofía)が一般に公開されすべての施設が完成したが、ソフィア王妃芸術宮殿の公演開始は[[2006年]]秋にずれ込んでいる。
 
芸術科学都市は次の施設から成り立っている(カッコ内はバレンシア語名称)。[[バレンシア州]]が造ったこれらの施設はいずれもヨーロッパ最大級の規模を誇り、多くの観光客を集めている。