「K9 155mm自走榴弾砲」の版間の差分

m (セクションリンク変更)
=== 攻撃力 ===
[[ファイル:K-9 Thunder SPGs are firing.jpg|サムネイル|300px|砲撃の様子]]
[[大韓民国|韓国]]ヒュンダイ WIA社と[[国防科学研究所 (大韓民国)|ADD]]が開発したCN98 52[[口径]]155mm[[榴弾砲]]を装備し(最大[[仰俯角|仰角]]70度)、[[射撃管制装置]]により[[陣地]]進入から60秒(停止状態から30秒)で[[射撃]]を開始できる。弾丸装填は機力補助、装薬装填は手動で行われる。
 
[[砲撃]]開始以後最初の3分間の最大連続射撃速度は毎分6発、それ以降の長時間連続射撃速度は毎分2発とされている。しかし[[延坪島]]での実戦射撃では、射撃開始からの5分間で射撃できた弾数はわずか4発だった(カタログ上は毎分6発×3分+毎分2発×2分で計22発の発射が可能)。これは、[[朝鮮人民軍|北朝鮮軍]]の射撃がK9の射撃訓練が終わった時点で開始されたので、当時K9には、装填された[[弾薬]]がなかったからであるとする報道がみられた<ref name="hankook1126" />。