「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の版間の差分

m
→‎批判的な反応: 批判的な反応→批判的な反響 (翻訳元 Critical response)
(Harry Potter and the Chamber of Secrets (film)#Distributionを翻訳。その他重複項目削除。)
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
m (→‎批判的な反応: 批判的な反応→批判的な反響 (翻訳元 Critical response))
初版にはいくつかの誤りがあったが、その後の再版で修正された<ref name="wsu" />。当初ダンブルドアは、ヴォルデモートは[[ホグワーツの教職員#サラザール・スリザリン|サラザール・スリザリン]]の「最後に残った子孫」ではなく「最後に残った[[先祖]]」だと言っていた<ref name="wsu">{{cite web|url=http://www.wsu.edu/~brians/errors/ancestor.html|title=Errors: Ancestor / Descendant|last=Brians|first=Paul|publisher=[[:en:Washington State University|Washington State University]]|access-date=25 May 2009|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20090318214215/http://wsu.edu/~brians/errors/ancestor.html|archive-date=18 March 2009}}</ref>。[[ホグワーツの教職員#ギルデロイ・ロックハート|ギルデロイ・ロックハート]]の狼男に関する本は、あるときは『Weekends with Werewolves』(狼男との週末)、後半では『Wanderings with Werewolves』(狼男との放浪)と題されている<ref>{{cite book|last=Rowling|first=J.K.|title=Harry Potter and the Chamber of Secrets|publisher=Bloomsbury|location=London|year=1998| pages=38, 78|isbn=0-7475-3848-4}}</ref>。
 
=== 批判的な反 ===
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』はほぼ普遍的な高い評価を受けた。『[[タイムズ]]』紙では、Deborah Loudonが「大人になっても読み返される」児童書と述べ、「力強い筋書き、魅力的な登場人物、優れたジョーク、物語から自然に流れ出る道徳的なメッセージ」を強調した。<ref name="Loudon1998ReviewHPCSInTimes">{{cite journal|last=Loudon|first=Deborah|date=18 September 1998|title=Harry Potter and the Chamber of Secrets – Children's Books|journal=[[The Times]]|url=http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/books/children/article778375.ece|access-date=26 May 2009|location=London|url-status=live|archiveurl=https://web.archive.org/web/20100530060229/http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/books/children/article778375.ece|archive-date=30 May 2010}}</ref>。ファンタジー作家の[[チャールズ・デ・リント]]もこれに同意し、シリーズ物の中では珍しいことに、『ハリー・ポッター』の2作目は『ハリー・ポッターと賢者の石』と同等の出来栄えであると認めた<ref>{{cite journal|url=http://www.sfsite.com/fsf/2000/cdl0001.htm|title=Books To Look For|last=de Lint|first=Charles|date=January 2000|access-date=26 May 2009|publisher=Fantasy & Science Fiction|url-status=live|archiveurl=https://web.archive.org/web/20100123164104/http://www.sfsite.com/fsf/2000/cdl0001.htm|archive-date=23 January 2010}}</ref>。Thomas Wagnerは、学校の地下に隠された秘密を探すということを根拠に、第1作とよく似た筋書きだと見なした。しかし同氏は、ギルデロイ・ロックハートを取り巻く有名人とそのファンのパロディを楽しみ、本書の人種差別の扱いに同意した<ref>{{cite web|url=http://www.sfreviews.net/harrypotter2.html|title=Harry Potter and the Chamber of Secrets|last=Wagner|first=Thomas|year=2000|access-date=26 May 2009|publisher=Thomas M. Wagner|url-status=dead|archive-url=https://web.archive.org/web/20090105183909/http://www.sfreviews.net/harrypotter2.html|archive-date=5 January 2009}}</ref>。Tammy Nezolは、特にハリーが情報をダンブルドアに隠した後のハリーと友人たちの軽率な行動や、[[石化]]を治す薬を作るために使われる[[マンドレイク]]の人間のような動きに、前作よりも不安を感じたことに気づいた。それでもなお、彼女は1作目と同じくらい2作目の物語は楽しめると認めた<ref name="NezolReviewAbout">{{cite web|url=http://contemporarylit.about.com/od/fantasy/fr/harryPotter2.htm|title=Harry Potter and the Chamber of Secrets (Harry Potter and the Chamber of Secrets)|last=Nezol|first=Tammy|publisher=About.com|access-date=26 May 2009|url-status=live|archive-url=https://web.archive.org/web/20090522002803/http://contemporarylit.about.com/od/fantasy/fr/harryPotter2.htm|archive-date=22 May 2009}}</ref>。