「インベストメント鋳造」の版間の差分

誤記修正、金型使用時について追記
(鋳造)
 
(誤記修正、金型使用時について追記)
'''インベストメント鋳造'''(-ちゅうぞう、Investment casting)とは、[[鋳造]]方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。別名、'''ロストワックス鋳造'''(Lost wax casting)'''
 
まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス([[蝋]])で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を[[磁器]]等で焼き固めて[[鋳型]]を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると[[鋳物]]が残り完成となる。
 
== 特徴 ==
* 鋳造自体に高価な[[金型]]等を必要とせず、初期コストが安い。原型を量産するために金型を用いることも多いが、その場合でも金型にさほどの強度が要求されないので、その分コストが安くなる
* 鋳型を分割する必要がないため、金型や[[砂型]]では抜くことが難しい複雑な形状であっても、容易に鋳造することができる。また、バリやパーティングラインも生じない。ただし原型を金型で量産する場合、原型に対して後加工が必要となる
* 鋳型として磁器を用いるため、寸法精度が比較的高い。
* 原型・鋳型とも使い捨てのため、製品1個ごとに造り上げる必要があり、金型[[ダイカスト]]などと比較して大量生産には向かない。
* あまり大型の鋳物を製造することはできない。
 
434

回編集