「新松戸駅」の版間の差分

連絡運輸は行っていない。
(連絡運輸は行っていない。)
タグ: メディア追加 メディア除去
|キロ程2 = 86.3&nbsp;km([[鶴見駅|鶴見]]起点)<br />[[府中本町駅|府中本町]]から57.5
|起点駅2 =
|乗換 = [[幸谷駅]]([[流鉄流山線]])
|備考 = [[直営駅]]([[管理駅]])<br />[[みどりの窓口]] 有
|備考全幅 = * この間に[[東日本旅客鉄道東京支社|東京支社]]と[[東日本旅客鉄道千葉支社|千葉支社]]の[[JR支社境|境界]]あり(当駅から[[南流山駅|南流山]]寄りは東京支社管内)
人口50万都市の[[松戸市]]において中心駅である[[松戸駅]]と並ぶ交通の要所となっており、[[江戸時代]]頃から[[水戸街道]]の[[宿場町]]として栄えた「[[松戸宿]]」と「[[小金宿]]」の間(小金宿より)に位置する<ref name="waga">{{Cite book|和書|author=|title=わがまちブック松戸1|publisher=特定非営利活動法人まちづくりNPOセレガ|year=2006.7.31|page=22|isbn=|date=}}</ref>。
 
[[東日本旅客鉄道]](JR東日本)の[[常磐線]]を走行する[[常磐緩行線]]、[[武蔵野線]]、接続路線である[[流鉄]]の[[流鉄流山線]]を含めると2社3路線が乗り入れている。このうち常磐線を当駅の[[日本の鉄道駅#所属線|所属線]]としている。近傍には[[流鉄]]の[[幸谷駅]]が位置している。当駅は[[日本の鉄道駅#%E7%9B%B4%E5%96%B6%E9%A7%85|直営駅]]([[駅長]]配置)であり、[[日本の鉄道駅#%E7%AE%A1%E7%90%86%E9%A7%85|管理駅]]として[[北小金駅]]、[[南流山駅]]を管理している。[[みどりの窓口]]・[[自動券売機]]・[[自動券売機#%E6%8C%87%E5%AE%9A%E5%88%B8%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%88%B8%E5%A3%B2%E6%A9%9F|指定席券売機]]・[[自動改札機]]・[[自動精算機]]などの設置駅。駅前には[[流鉄]]の[[幸谷駅]]が立地しているが相互[[乗換駅]]として機能し連絡運輸は行っていない(駅出入口を出て高架下を直進した先)。駅間の通路の途中には、[[公衆便所|公衆トイレ]]と「あかりのボックス」という名称の[[鳥居]]に似た形の[[赤]]色の鉄骨オブジェがある。
 
周辺は[[マツモトキヨシ]]本社、[[イオンフードスタイル新松戸店]](旧ダイエー新松戸店)、[[流通経済大学]]のほか、[[進学塾]]、[[居酒屋]]、[[飲食店]]、[[カラオケ店]]などがある。新松戸ステーションホテル、新松戸ホテルなどの[[シティホテル]]があるため、[[ビジネス]]利用や[[観光]]拠点としても適している。