「ジ・エクストリーミスト—極—」の版間の差分

m
(新規作成-ジョー・サトリアーニが1992年に発表したスタジオ・アルバム。)
 
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集 Androidアプリ編集
本作は[[第35回グラミー賞]]において最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞にノミネートされた<ref>{{Cite web |url=https://www.grammy.com/grammys/artists/joe-satriani |title=Joe Satriani - Artist |publisher=Recording Academy |work=GRAMMY.com |accessdate=2021-08-22}}</ref>。フィル・カーターは[[オールミュージック]]において5点満点中4点を付け「ジャカジャカした"Summer Song"、温かい"Friends"、痛烈な"Motorcycle Driver"、ザクザクとした"The Extremist"といった曲で、サトリアーニのギタリストとしての才能がなおも衰えていないことを示している一方、ネオ・フォーク的な"Rubina's Blue Sky Happiness"やブルージーな"New Blues"は、以前の彼の曲とは一味違う」と評している<ref>{{Cite web |url=https://www.allmusic.com/album/the-extremist-mw0000084603 |last=Carter |first=Phil |title=The Extremist - Joe Satriani |publisher=AllMusic |accessdate=2021-08-22}}</ref>。
 
収録曲「サマー・ソング」は、[[ウォークマン]]の[[コマーシャルソング]]に使用された<ref>{{Cite web |url=https://www.popmatters.com/g3-2005-2496084837.html |title=G3 Featuring Joe Satriani, Steve Vai, and John Petrucci |publisher=PopMatters |date=2005-06-06 |accessdate=2021-08-22}}</ref>。後に『[[グランツーリスモ4]]』のBGMとして収録された
 
== 収録曲 ==