「シロテン」の版間の差分

add
(rm: 要出典の箇所を除去、copyedit: 出典にページ数を追加)
(add)
[[Image:shiroten.svg|thumb|120px|right|シロテン。[[縦組み]]での字形の例示。横組みで用いられるかどうかは明らかではない。灰色の枠は字取りを示す。]]
'''シロテン'''は、日本語の[[句読点]]のひとつ。出典により'''ゴマ白点'''{{R|吉村|page1=55}}、'''批点'''{{R|dnp}}、'''白抜き点'''{{R|岡田|page1=17}}という表記も見られる。[[読点]]と[[句点]]の中間の'''半終止符'''に相当する約物として1946年に日本の[[文部省]]が提案したが、実用された例は多くない。
 
字形は読点と同じく、涙滴状で[[縦組み]]の際に[[全角]]取りの右上隅に置かれるが、句点と同じく白抜きとなる。
 
『句読点活用辞典{{R|句読点活用辞典|page1=49}}』では『文章は終わっても、次の文に文意が続く場合に打つ』とあり{{R|dnp}}、英文での[[セミコロン]]のように使われた{{R|楚囚之詩}}{{R|平安時代史事典}}{{R|twitter_fzk06736}}{{R|twitter_terada50397416}}{{Efn|二葉亭四迷は、明治19年に[[山田美妙]]等と[[言文一致]]運動を起こし、新しい日本語の文体を模索するとともに、欧文翻訳の際、旬読点にまで注意を払った。すなわち、セミコロン等による半独立文の連続するロシア語の文章を、意味のみならずその構造をも訳出しようと考えた。{{R|岡田|page1=17}}}}。現代[[日本語]]の正書法では、句読の記号には「[[句点|。]]」と「[[読点|、]]」のように2種の[[約物]]が用いられ、句読の記号としてそれ以上の数の約物が用いられることはほとんどない(詳細は[[句読点]]を参照)。
 
== 提案 ==
 
== 用例 ==
[[北村透谷]]は『明治21年4月の旅行記概略』で初めてシロテンを使用しているが、やがて使わなくなった{{Efn|{{R|松井潤}}の解説を参照}}。[[二葉亭四迷]]も『[[浮雲]]』においてシロテン{{R|炉谷義露}}(ゴマ白点{{R|吉村|page1=55}}および『めぐりあひ』{{R|岡田|page1=19}}においてシロテンを用いている。
 
日本語以外の言語では3種以上の句読の記号をもつ場合があるので、日本語への翻訳の際にこれらを正確に区別するためにシロテンを使うことがあった{{R|形而上学|page1=173-174}}{{Efn|{{R|山川兵庫}}の解説を参照}}。
 
文部省が『くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)』を出版した時点では、[[縦組み]]([[縦書きと横書き|縦書き]])の例のみ示していたが、現在、[[文化庁]]が公開している『くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)』では、印刷の便宜上、[[横組み]](横書き)での用例となっている{{R|文部省}}。
 
== 衰退 ==
中途半蟻な文の「切れ」を必要としない日本語においては、結局定着しなかった{{R|岡田|page1=33}}。
 
== 脚注 ==
| pages = 44-57
| date = 1963-10-20
}}</ref>
<ref name="岡田">{{Cite journal|和書
| url = https://iss.ndl.go.jp/books/R000000025-I005655462-00
| title = 二葉亭四迷の『めぐりあひ』といロシア語原文における句読点の比較 ―明治時代の洋語学習と《白抜き点》
| author = 岡田和子
| journal = 文学研究論集
| volume = 12
| pages = 17-42
| publisher = 筑波大学比較・理論文学会
| date = 1995-03-20
}}</ref>
<ref name="dnp">{{Cite web