「天宮号宇宙ステーション (完成型)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
=== [[巡天]] ===
[[巡天]](じゅんてん,Xuntian)は現在開発中の2024年に打ち上げが予定される[[宇宙望遠鏡]]である。
 
直径2メートルの主鏡と2.5ギガピクセルのカメラを搭載し、[[ハッブル宇宙望遠鏡]]の300倍の視野を持つとされており、10年間で全天の40%を撮影することが期待されている。
 
また、天宮宇宙ステーションと同一の軌道に設置され、修復等を行う際には天宮宇宙ステーションとのドッキングが可能とされている。
{| class="wikitable"
!打ち上げ日時
!打ち上げロケット
!運用開始日時
!全長
!直径
!重量
!画像
|-
|2024年(予定)
|[[長征5号|長征5B]](予定)
|2024年(予定)
|~{{cvt|13|m}}
|~{{cvt|4.2|m}}
|~{{cvt|20000|kg}}
|[[Fileファイル:China_CSST_Xuntian.jpg|リンク=https://en.wikipedia.org/wiki/File:China_CSST_Xuntian.jpg|中央|サムネイル|CSST 巡天(Xuntian)]]
|}
 
== デザイン ==
=== 構成 (T字型の宇宙ステーション) ===
ほか、2024年に宇宙望遠鏡モジュールの巡天の打ち上げが予定されている。
</div>
== 巡天(宇宙望遠鏡) ==
{| class="wikitable"
!打ち上げ日時
!打ち上げロケット
!運用開始日時
!全長
!直径
!重量
!画像
|-
|2024年(予定)
|[[長征5号|長征5B]](予定)
|2024年(予定)
|~{{cvt|13|m}}
|~{{cvt|4.2|m}}
|~{{cvt|20000|kg}}
|[[File:China_CSST_Xuntian.jpg|リンク=https://en.wikipedia.org/wiki/File:China_CSST_Xuntian.jpg|中央|サムネイル|CSST 巡天(Xuntian)]]
|}
 
== 参照 ==
{{Reflist}}
341

回編集