「大森晃太郎」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
== 来歴 ==
=== プロ入り前 ===
地元[[大阪市]]の大阪セントラルFCでサッカーを始め、ガンバ大阪ジュニアユース入団。同期に[[宇佐美貴史]]や[[昌子源]]がいる。[[2006年]]には宇佐美を中心とした2年生主体のチームながら、[[高円宮杯全日本ユースサッカー選手権 (U-15)大会|U-15全日本ユース選手権]]を制して、注目を浴びた。翌[[2007年]]に飛び級でユースチーム昇格したため宇佐美は抜けたが、ガンバ大阪JYは同大会を連覇している。高校時代はガンバ大阪ユース昇格、1年次の[[第16回Jリーグユース選手権大会|第16回Jユースカップ]]決勝では途中出場で決勝ゴールを決める活躍でガンバ大阪ユースの6年ぶり4度目のJユースカップ優勝に貢献し、3年次にはキャプテンも務めた。[[2010年]]に[[2種登録選手|2種登録]]され、[[関西ステップアップリーグ]]などサテライトのゲームに出場した。
 
=== ガンバ大阪 ===
[[2011年]]度、ユースから[[ガンバ大阪]]トップチーム唯一昇格した<ref name="contract">[http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=2592 ガンバ大阪ユースMF大森晃太郎選手 2011年ガンバ大阪ユースからのトップ昇格選手として仮契約終了] ガンバ大阪オフィシャルサイト、2010年10月10日</ref>。8月13日、J1第21節[[セレッソ大阪]]との[[大阪ダービー]]でリーグ戦初出場を果たした。
 
2012年はリーグ戦わずか4試合の出場に留まった。2013年も前半戦はほとんど出場機会がなかったものの、宇佐美のブンデスリーガからの復帰戦となったJ2第25節神戸戦で初スタメンに抜擢されると首位攻防戦の勝利に貢献。以降、サイドハーフのレギュラーに定着し、J2第40節京都戦でリーグ初得点を決めた。
 
=== ヴィッセル神戸 ===
2016年12月27日、[[ヴィッセル神戸]]完全移籍で加入することが発表された。2017年3月18日、第4節の[[ジュビロ磐田]]戦では2試合連続得点を決めて勝利に貢献した<ref>[http://www.goal.com/jp/news/127/j%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0/2017/03/18/33755622/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%81%8C%E9%96%8B%E5%B9%954%E9%80%A3%E5%8B%9D%E3%81%A7%E9%A6%96%E4%BD%8D%E5%A0%85%E5%AE%88%E5%A4%A7%E6%A3%AE%E3%81%AE2%E6%88%A6%E9%80%A3%E7%B6%9A%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%8C%E6%B1%BA%E5%8B%9D%E7%82%B9j1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E7%AC%AC4%E7%AF%80 ヴィッセル神戸が開幕4連勝で首位堅守…大森の2戦連続ゴールが決勝点/J1リーグ第4節] GOAL(2017年3月18日)</ref>。
 
=== FC東京 ===
2018年より[[FC東京]]完全移籍で加入<ref>[http://www.fctokyo.co.jp/277128/ 大森晃太郎選手 完全移籍加入のお知らせ] FC東京(2017年12月28日)</ref>。10月7日、第29節の[[名古屋グランパスエイト|名古屋グランパス]]戦で移籍後初得点を決めた。
 
=== ジュビロ磐田 ===
2020年1月5日、[[ジュビロ磐田]]完全移籍で加入<ref>{{cite web | title=大森 晃太郎選手が完全移籍加入 | url=https://www.jubilo-iwata.co.jp/newslist/detail/?nw_seq=7073 | publisher=[[ジュビロ磐田]] | date=2020-01-05 | accessdate=2020-01-05}}</ref>。8月2日、J2第9節の[[愛媛FC]]戦で移籍後初得点を決めた。
 
== 所属クラブ ==
匿名利用者