「渡辺武次郎」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
m編集の要約なし
 
{{Infobox 人物
'''渡辺 武次郎'''(わたなべ たけじろう、[[1894年]][[10月20日]] - [[1997年]][[12月4日]])は[[日本]]の[[実業家]]。[[三菱地所]]の社長や会長を22年間務め、三菱地所中興の祖と呼ばれた<ref>1997/12/05, 日経産業新聞</ref>。[[勲一等瑞宝章]]受章。
|氏名=渡辺 武次郎
|ふりがな=わたなべ たけじろう
|画像サイズ=
|画像説明=
|生年月日=[[1894年]][[10月20日]]
|生誕地=[[岡山県]][[矢掛町]]
|没年月日={{死亡年月日と没年齢|1894|10|20|1997|12|04}}
|死没地=[[東京都]][[新宿区]]
|職業=[[実業家]]
|出身校=[[東京高等商業学校]]
|死因=[[肺炎]]
|配偶者=
|子供=
|栄誉=[[勲一等瑞宝章]]、矢掛町[[名誉町民]]
}}
 
'''渡辺 武次郎'''(わたなべ たけじろう、[[1894年]](明治27年)[[10月20日]] - [[1997年]](平成9年)[[12月4日]])は[[日本]]の[[実業家]]。[[三菱地所]]の社長や会長を22年間務め、三菱地所[[中興の祖]]と呼ばれた<ref>1997/12/05, 日経産業新聞</ref>。[[勲一等瑞宝章]]受章
 
== 人物 ==
[[岡山県]][[矢掛町]]出身。1918年[[東京高等商業学校]](のちの[[一橋大学]])を卒業し、[[三菱合資会社]]入社。
[[岡山県]][[矢掛町]]出身。1918年[[東京高等商業学校]](のちの[[一橋大学]])を卒業し、[[三菱合資会社]]入社。1937年[[三菱地所]]に転籍し、経理部長、取締役、常任監査役等を務めた。1952年から1969年まで三菱地所社長、1969年から1974年まで三菱地所会長。[[財閥解体]]で分離されていた[[丸の内]]の土地・建物を一体化し、1959年には「丸ノ内総合改造計画」を策定し丸の内の[[再開発]]を進めた<ref>1997/12/05, 日本経済新聞、1997/12/05, 日経産業新聞</ref>。また1964年から[[日本ビルヂング協会連合会]]会長を務めたほか、[[日本ハワイ経済協議会]]代表世話人、在日[[西サモア]]国[[名誉総領事]]等も務めた。1973年[[勲一等瑞宝章]]受章。矢掛町名誉町民。
 
1937年三菱地所に転籍し、経理部長、取締役、常任監査役等を経て、1952年から1969年まで社長、1969年から1974年まで会長、1974年から1988年まで三菱地所取締役相談役、1988年から1997年まで同社相談役を務めた。会長退任後も、三菱地所中興の祖として実質的な人事権を握っていたとされる<ref>1997/12/05, 日経産業新聞</ref>。
 
[[岡山県]][[矢掛町]]出身。1918年[[東京高等商業学校]](のちの[[一橋大学]])を卒業し、[[三菱合資会社]]入社。1937年[[三菱地所]]に転籍し、経理部長、取締役、常任監査役等を務めた。1952年から1969年まで三菱地所社長、1969年から1974年まで三菱地所会長。[[財閥解体]]で分離されていた[[丸の内]]の土地・建物を一体化し、1959年には「丸ノ内総合改造計画」を策定し丸の内の[[再開発]]を進めた<ref>1997/12/05, 日本経済新聞、1997/12/05, 日経産業新聞</ref>。また1964年から[[日本ビルヂング協会連合会]]会長を務めたほか、[[日本ハワイ経済協議会]]代表世話人、在日[[西サモア]]国[[名誉総領事]]等も務めた。1973年[[勲一等瑞宝章]]受章。矢掛町[[名誉町民]]
1974年から1988年まで三菱地所取締役相談役、1988年から1997年まで同社相談役。会長退任後も、三菱地所中興の祖として実質的な人事権を握っていたとされる<ref>1997/12/05, 日経産業新聞</ref>。
 
1997年12月4日[[肺炎]]のため[[東京都]][[新宿区]]の病院で死去。103歳没。[[築地本願寺]]本堂で[[社葬]]がおこなわれた。
 
== 略歴 ==
* 1894年 - 出生
* 1918年 [[- 東京高等商業学校]](のちの[[一橋大学]])卒業、[[三菱合資会社]]入社
* 1937年 - 三菱地所に転籍
* 1952年 - 1969年 三菱地所社長
* 1969年 - 1974年 三菱地所会長
* 1974年 - 1988年 三菱地所取締役相談役
* 1988年 - 1997年 三菱地所相談役
* 1997年 - 死去
 
== 脚注 ==