「二等辺三角形」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''二等辺三角形'''(にとうへんさんかくけい、{{lang-en-short|isosceles triangle}})は、[[三角形]]の一種で、3 本の[[辺]]のうち(少なくとも)2 本の辺の長さが等しい[[図形]]である。長さの等しい 2 辺を'''等辺'''といい、残りの 1 辺を'''底辺'''とよぶ。2 本の等辺が共有する頂点をとくに二等辺三角形の'''頂点'''という。頂点における内角を、二等辺三角形の'''頂角'''といい、残りの 2 つの内角すなわち底辺の両端の内角を'''底角'''とよぶ。二等辺三角形の底角は、互いに等しい大きさを持つ。[[画像:二等辺三角形 ja.png|thumb|right|二等辺三角形]]
二等辺三角形の頂点における[[外角]]を、'''頂外角'''と呼ぶ言う。頂外角の大きさは、底角の2倍に等しい。また、頂外角の二等分線は、底辺と平行である。
頂角は180°未満の大きさであるが、底角は90°未満の大きさに限られる。二等辺三角形は[[線対称]]な図形であり、頂点と底辺の中点を結ぶ中線、頂角の二等分線、底辺の垂直二等分線、これらはすべて線対称の[[対称軸]]に乗る。二等辺三角形の頂角の二等分線は底辺を[[垂直]]に二等分する。