「イーストマン・カラー」の版間の差分

m
編集の要約なし
(映画用カラー・フィルムの一種。)
 
m編集の要約なし
35mmのフィーチャー映画製作に用いられ、1950年代半ばまでには[[テクニカラー]]が開発・完成させた先発の三色分解ネガシステムを駆逐してしまった。その主な理由は、イーストマン・カラーは通常の白黒カメラで使用可能であり、システムも簡単で、より安価であったからである。
 
イーストマン・カラーは、今日でもメインの主要なカラーフィルムとして使われ続けている。
 
初期のイーストマン・カラーには褪色が生じたが、改良によりこの問題は軽滅した。
6,738

回編集