「Web写真」の版間の差分

編集の要約なし
被写体としては写真に撮ることの出来るもの全てがこの対象になると思われるが、[[肖像権]]の問題などから[[ポートレート]]や町中で人物を撮った[[スナップ写真]]は少なめである。
 
「インターネットとデジカメが[[ジョージ・マロリー#「そこに山があるから」|そこにあったから]]」という消極的な見方もあるが、それまでの写真展、[[写真集]]などでの写真の発表に対して、時間や空間などの制約を受けずに写真を表現する場を得たいという積極的な姿勢も見るべきである。(ただし、閲覧者の環境(マシンスペック、[[オペレーティングシステム|OS]]、[[webブラウザ]]、[[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]]の[[キャリブレーション]]、通信速度)の問題など、制作者の意図通りに表現出来ない部分があることも意識しなければならない。)
 
web写真家として発表する上で気を付けなければいけないのは(web写真に限らず、ホームページ制作上、当然考えなければならない問題であるが)閲覧者の環境(マシンスペック、[[オペレーティングシステム|OS]]、[[webブラウザ]]、[[ディスプレイ (コンピュータ)|ディスプレイ]]の[[キャリブレーション]]や画面サイズ、通信速度)の問題など、制作者の意図通りに表現出来ない部分があるということである。
 
 
匿名利用者