「アヴォワーズ・ド・ブルターニュ」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
| 子女 = [[アラン4世 (ブルターニュ公)|アラン4世]]<br>マティアス
| 家名 = レンヌ家
| 父親 = [[ブルターニュ公]][[アラン3世 (ブルターニュ公)|アラン3世]]
| 母親 = [[ベルト・ド・ブロワ]]
| 役職 =
| 宗教 =
 
== 生涯 ==
[[ブルターニュ公]][[アラン3世 (ブルターニュ公)|アラン3世]][[ベルト・ド・ブロワ]]の第二子として生まれた。兄[[コナン2世 (ブルターニュ公)|コナン2世]]が1066年12月に暗殺されたため、公位を継承した<ref name="BrittanyGenealogy">[http://fmg.ac/Projects/MedLands/BRITTANY.htm#_Toc172084366 Brittany Genealogy extracted Feb 1, 2008]</ref>。
 
アヴォワーズの生涯についてはわずかしか知られていない。1058年より以前にコルヌアイユ伯オエルと結婚した。オエルは妻自身の権利によってブルターニュ公オエル2世となり、1072年のアヴォワーズの死後も息子の摂政として政治を司った。オエル2世が死んだ1084年、長男[[アラン4世 (ブルターニュ公)|アラン4世]]が単独のブルターニュ公となった。