「甲」の版間の差分

漢数字→数字
(冒頭曖昧さ回避部分を甲 (曖昧さ回避)に分割)
(漢数字→数字)
{{theotheruses|十干の一つ}}
{{十干}}
'''甲'''(こう、きのえ)は、[[十干]]の1番目である。[[陰陽五行説]]では[[木]]性の陽に割り当てられており、ここから日本では「きのえ」(木の兄)ともいう。
 
甲の字は[[亀]]の甲羅を形取ったもので、そこから、甲羅のような堅い殻に覆われた[[種子|種]]の状態の意味として、十干の一番目に宛てられた。
275

回編集